オープンミートパイの試み 3月12日その3

オープンミートパイ1

折り込みの時期も
そろそろ終焉ですねえ。

でもこのところまた寒いので
今のうちに
どうしても作ってみたかったものに
挑戦!!






















オープンミートパイ2

ミートパイ。


以前はよく
パイ皿で焼きました。
パイ生地も折り込みではなく
練り込み。(⇒今こういう言い方する人いませんよね・苦笑)


でも、今回は
せっかくなのでクロワッサン生地で
そして、1個ずつ包もう・・・・
と思いきや、面倒くさくてオープンにしちゃった!
つまり、デニッシュ型ですね、これは。
(信州の方言で言うところの「ずく(気力)がなかった」っていうやつ。)























オープンミートパイ3

真冬ほど寒くなく、
でも、やっぱりそれなりに寒いので
折り込むにはちょうどよかったのかも。

わりとうまく層が出ました。

でも、出かける用事があったから
仕方なく1時間40分のところで
オーブンに入れちゃったけど、
本当はもうちょっとホイロに置きたかったなあ。
いつもそんな事言ってますが・・・・。



















オープンミートパイ4

端っこがうまく切れていないと
こんな感じにくっついていたりして。
レンズは嘘をつきません。

肉が真っ黒ですけど、
これ焦げてるわけじゃなくて
赤ワインで煮たお肉。

きちんと量は量っていなかったのですが、
薄切り肉を、かなり大きめの粗びきにし、
にんにく、玉ネギと炒めます。
赤ワイン、ハーブを入れ、
汁気が少なくなったところで
湯どおししたレーズン投入。
更に水分がなくなるまで煮て
塩、挽いた粒胡椒で味を調えます。

冷まして
発酵が終了したデニッシュ生地にのせたら
生カシューナッツをトッピングして焼成。

・・・・・・・・・・・・・・・

お肉とカシューナッツは
後のせでもいいかもしれませんけどね。
また研究してみます\(^o^)/


これが、
お手頃価格の赤ワインに合いますがなあ~。
レーズンとカシューナッツがミソです。


















オープンミートパイ5

こちらは、
同じ生地のクロワッサン。
























オープンミートパイ6

イーストのクロとは違う、
ザクザク、ミシミシ感。
ほんと、全く別物です。

どちらも美味しいですが、
この噛みごたえに慣れると
自家製酵母のクロはやみつきでーす♡
















オープンミートパイ7

ミートパイの生地を取ったので、
大きいのやら小さいのやら
いろいろになりましたが。

















オープンミートパイ8

3つ折り3回。

内層もなかなかなカンジでしたが、
長男・ウリのお友達への
ホワイトデーに使用することに
急遽なりました。(うっかり忘れそうになった!)
そのためカット写真なしです。

残ったチビクロや
端生地をぐるぐるして焼いたのは、
子どもと私でむさぼるように
食べちゃいました。(*≧∪≦)















オープンミートパイ9

子どもたちがデコして
こんな感じに。

アレ?
デコしない方がよかったか??(笑)





















オープンミートパイ10

ウリは、ミートパイを1個全部食べてから
「レーズンない方がよかった。」ときたもんだ!

お子ちゃまにはわからん味だねー(*`へ´*)


大人だけの宴のために食べよ♪















P.S.「週刊うみこな」3月12日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。












ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2016.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: