モンキー・ブレッドの可能性 2月20日その1

モンキーブレッド1

パンづくりを習い始めた
ド初心者の頃、
ドーナッツ、ピザ、ポップオーバーなどなどと並んで
初期に習ったのが
この、モンキー・ブレッド。



でも、これ、
いわゆる「モンキー・ブレッド」と
ちょっと見たカンジかけ離れているような・・・・













モンキーブレッド2

思いがけずできた
この、キラキラくるみのモンキー・ブレッド。

くるみ大量、
シロップは今回
シナモン・シロップ。

バター無しで太白胡麻油使用。
生地にはバター入れちゃったけど (^∇^)ノ















モンキーブレッド3

全然関係ない話しですが、
キッシュが大好きです。 (⇒、 


で、まだ身軽な独身時代、
東京に行った時合羽橋めぐりをして
キッシュ用に
深めのタルト型を探していたわけです。

ところが、なかなか「これは」、
というものが見つかりません。

20cmの深型だとちょうどいいかな
と思っていたのに、
それだとフランス製になって
高価!

22cmじゃ食べきれないんだよね、
と思いつつ結局それを買っちゃった。

でも、当時深型の、
しかも22cmの型で焼く
キッシュのレシピが見つからず
1回、自分で適当に分量決めて焼いて
以来、型は棚の奥へ・・・・

気になってはいたんですがねえ・・・・




そして、突然閃いた!!((((;゚Д゚)))))))


クグロフ型もあるけれど、
これで懐かしのモンキー・ブレッド焼いてはどうか??

















モンキーブレッド4

初心者の頃と、
よーく考えてみたら
3、4年前にブラッシュ・アップのため
教室で焼いていました。
が、その他家で焼いた記憶無し、
自家製酵母で焼いた記憶無し、
この型の分量はわからず・・・・

結構無謀だね・・・・・・





でもとりあえず、
いつもの1単位分(粉250g)の生地で焼いてみたら
ちょうどよかった!

これは焼き上がり。

ポコポコあんまり可愛かったので
思わずi-phoneでパチリ。














モンキーブレッド6

生地は
ブリオッシュと同じリッチな生地。

くるみはビックリの、
粉に対して60%使用。

シロップは油脂やや少なめの
シナモンたっぷり。


ベンチタイムないし、
分割は適当でいいし、
最終発酵は早めにあがるし、
久しぶりに焼いたけど楽チンだったー。

普通
こんなふうにポコンひとつずつ食べたりしますが・・・

















モンキーブレッド5

今回はケーキみたいにカット!

縦縞が綺麗で
下側のデコボコを気にしなければ
ちょっとしたケーキ感覚。



今回はくるみとシナモンだったけれど、
シロップを黒糖にしたり、ココナッツ味にしたり、
フィリングもくるみとレーズンはもちろん、
クランベリーだったり
バリエーションいろいろ。

キャラメリゼするのが面倒で、
今シーズン焼かなかった「タルト・タタン」も、
この方法で焼けば簡単かも、
と思ったりして。


生地を変えたり、
シロップ変えたり、
フィリングを変えたり、
無限の組み合わせが考えられますねえ。

すごいぞ、モンキー・ブレッド!



















モンキーブレッド7

「ケーキだよ~Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 」
って、子どもたちに出しちゃったりして。


















モンキーブレッド9

キラキラくるみ&シナモンのモンキー・ブレッド。

なかなか会心の出来でございました。



















ココロどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2016.02.21 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/02 (火) 15:59:44 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: