10月13日号その6 日曜日栗の渋皮煮もどき

栗の渋皮煮1

 この茶色の物体は何でしょう?・・・

栗の渋皮煮2

 ほうら、なんとなくわかります?

 素敵な皆さんはこの季節栗の渋皮煮を作るかと思いますが、わたしはちょっとムリなんです。

 リンゴ直売所に行ったとき、長男ウリ坊が目を輝かせて「これ買って!」と生栗を一袋指差したんです。
 ムリ、と思ったんですが、いたいけない子どもの願いをむやみに却下してはいけないと一応買ったんですが、
ひとふくろの皮をむくのに2週間かかりましたっ!

 ムリです、フルで働いて子どもの世話をして畑の手入れをしてパンを焼いている身としては。
(これは決して、栗の渋皮煮を作っている方がヒマだったり、楽をしている、という意味ではありませんよ。本当に。)

 でも、コンチクショウと思いながら栗の皮をむきつつ、ふと思ったんです。
・・・なるべく渋皮を取るようにむいていたんですけど、渋皮がついたりついていなかったり、形があったり粉になっていたりしても、これでとりあえず煮てみちゃあどうかと・・・。

 そしてこのクズのような栗を煮ること数時間。(煮こぼしてもいません。一応砂糖は入れました。)最後にラム酒も入れてみたりなんかして、とりあえず味だけはそれっぽいモノができたような・・・。渋皮も固さとかが気になることもなく、意外と食べられるかも。

栗の渋皮煮3

 あとでテレビで見たんですが、栗の渋皮って1個分につき、ワイン1本分くらいのポリフェノールがあるんですって。
 そうか、じゃああんまり必死に取ろうしなくてもよかったかも。

 さてさて、この「栗の渋皮煮もどき」で何ができたでしょう!?

 それはまたこの次。


P.S.ここからご覧の方は、10月13日号は6つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

スポンサーサイト

2012.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: