実験は失敗のもと 1月30日その1

大噴出 1

カンパーニュにドライフルーツやナッツ類を入れた時、
クープから飛び出して
黒こげになるのが嫌で、
何とかならないものか、
と思っていました。


飛び出して黒こげになること自体、
腕の問題かもしれませんが、
でも、
何とかならないかなあ
っと。





















大噴出 2

で、
シュトーレンなどで
皮生地包んで焼く方法がありますが、
それでやってみてはいかがか??

あまり発酵はさせず、
みっちりとしたクラム。


















大噴出 3

んで、
実験したところ
この始末。

というか、
何となく想像はできたけど・・・・


皮生地で包んだ後、
最終発酵は15分。

でも、
一次発酵は普通に行っているので、
そりゃ膨らみますな。




どんなクープだったかわからなくなるくらい
大噴出!!

















大噴出 4

クリチとクリチの間、まったく発酵していない。

私は「ねっちり」好き人間なので
喜んで食べられますけど、
普通に考えて、
これはちょっと失敗かも。















大噴出 5

でも、
このオーソドックスな組み合わせのフィリング
大好き。



またリベンジ
必須!!















ココロどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2016.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

自家製酵母のケークサレ 1月23日その3

ケークサレきのこ&ホウレンソウ 1

ケーク・サレは、
作りやすいという点で
大好きです。

自分の好みのフィリング混ぜて、
自分の好みの
発酵状態までもっていき、
そのまま焼く、という工程。

(バター不使用。レシピはコチラ (⇒★)

そして何より私にとって大事なのは
ワインのお供になるということ(ノω`*)ノ
(コレ、ポイント高っ)

















ケークサレきのこ&ホウレンソウ 2

今回は、24時間冷蔵発酵。

準強力粉使用なので
ずっしりとした食べ応え。
















ケークサレきのこ&ホウレンソウ 3

焼きも浅めで
色白さんです。

なので、
中はぷるぷるもっちり。

これ、好みです。
(たこ焼き好きなんで♡)















ケークサレきのこ&ホウレンソウ 4

この
浅めの焼きで思い出したのは
私の師。






先生はいつも、こうおっしゃってました。

「焼き色が薄い方が、上品だよ。」




ハード系のパンを並べるパン屋さんや
ハード系をおうちで焼く方も増え
しっかり焼き込んだパンが
日常にみられ、そして食べられます。


これはあくまでも好みですし、
私も、しっかり焼き込むこともあったり、
焼きが浅いと
「失敗した~」!と思ったりすることもあります。



でも、
時々、先生のこの言葉を思い出します。
















ケークサレきのこ&ホウレンソウ 5

その時によって
もっと焼いたの食べたい、
と思うかもしれないけれど

ケーク・サレの
これくらいの発酵と焼き加減も
覚えておこう。
















ケークサレきのこ&ホウレンソウ 6

寒くて外に出られない日、
ワインと一緒にどうぞ★

(先生、お元気かなあ)
















P.S.「週刊うみこな」1月23日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。












ココロどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




2016.01.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

紅玉ジャムのデニッシュとクロ 1月23日その2

紅玉ジャムデニッシュ&クロ 1

備蓄しているりんごが
そろそろ柔らかくなってきて
(信州ではそれを、‘ぼけてきた‘って言います。)
りんごの季節も終わります。

綺麗なピンク色の紅玉ジャムも、
徐々に終わりにしていかねば。














紅玉ジャムデニッシュ&クロ 2

クロワッサン生地を
デニッシュ型に成形し、
クリームチーズをのせ、
紅玉ジャム、ちょっぴりシナモン、

焼き上がりに
てんさい糖シロップをぬりぬり。

そしてパンプキンシード。
(なくてもいいけど。)

















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 3

なんかでも、
この手前の端っこあたり、
輪がうまくカットされてなくて、
層が出てないね。

矢印が出てないからわかりずらいと思いますが、
ほら、あそこ、あそこ!!⤴⤴
















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 4

でも、今回
わりとよく層が出たかも。

のし方ももちろんですが、
発酵の状態もよかったかも。



















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 5

成形がまずくて、
こんなにボォワーっとなったりもしてますが・・・・

















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 6

こちらプレーンのクロワッサン。

配合も成形もいつもどおり。

3つ折り3回。
自家製酵母はこれでいいな。



あ、以前のコチラですが (⇒ ☆)
書き方が間違っていますね。

4×4だと、
四つ折り4回みたいに思いますよね。
4つ折り2回で、16層のことです。
4+4って書けばいい?














紅玉ジャムデニッシュ&クロ 7

あまり生地で
プチクロとか、ぐるぐるとか。















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 8

うーん、これでも頑張ったんだけど、
もうちょっと三角形の高さがほしい。
巻きが足りないんだよね~。




たまにイーストのクロワッサンも懐かしく思うけれど、
やっぱり今の生活リズムには
自家製酵母が一番。

今回は特に
中までさくさく、みしみし
美味しかった~。















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 9

つまらない写真、つらつらとすみませんねー。

でも、いつも
このぐるぐるが一番上手くいってる気がする(笑)。

















紅玉ジャムデニッシュ&クロ 10

このざらざらと
いっぱい焼いた折り込みパンたちを、
子どもと3人で、4分の3は
あっという間に食べちゃった!


恐るべし!
焼きたてクロワッサンとデニッシュ・・・・

体重計がコ・ワ・イ。

















ココロはどこへ?

にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪







2016.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

春のダブルナッツチョコ 1月23日その1

春のダブルナッツチョコ1

ヤッターー!!


10年ぶりに、
大理石ののし台が押し入れから出てきたーー!

めっちゃ重くて移動できないけど(笑)。























春のダブルナッツチョコ2

で、
本日はめちゃくちゃ材料を
出血目玉大サービスした

ダブルナッツ&ダブルチョコパン。















春のダブルナッツチョコ3

自分らしくないと思いつつも、
このかわいらしい
「勝負下着」みたいなカップを買ってみた。

ほんとの勝負下着は持ってないけどね。
(結婚12年目。あ、シモネタですんません(ノω`*)ノ  )

















春のダブルナッツチョコ4

でも、何年かに一度、
こういうカンジのワンピースとか、
小物とか買いたくなるんですヨ。

ふふふ。















春のダブルナッツチョコ5

ココアの菓子パン生地に
くるみとビターチョコとスイートチョコを
たっぷり巻き込み、
スライスアーモンドをのせて焼成。

さらに、
コーヒーアイシング。

さらにさらに、
こちらのカップにはパンプキンシードも。

















春のダブルナッツチョコ6

こちらのもまったく同じパンですが、
パンプキンシードの代わりに
ピンクアザランのせ。





ただこのカップ、
いつも使っているのよりビミョーに大きい・・・

なので、1個の生地の大きさは
いつもと変わりないから、
なんか盛り上がりに欠け、
ちょっとブカブカしたカンジ・・・・・

中1の子が、
ちょっと大きめの制服着させられてる風、
と言ったらいいでしょうか(笑)?

今度焼くときは
生地大きめにしよ。



















春のダブルナッツチョコ7

写真は春っぽくても
今年最大級の寒波が到来中。

うえ~~、寒っ!



早く春がきてほしい。















ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
レシピブログに参加中♪

a>
にほんブログ村

2016.01.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

ゆめちからと雪の日の出来事 1月16日その3

ゆめちから2016 1

ついに、キタ~~!!



ぬくぬくとした冬を過ごしていたら、
突然の「真冬」の到来。

そうだよね、
こんな生ぬるい冬で勘弁してくれないよね。

でも、あまりにも突然で
日常のスケジュールが間に合わず・・・











ゆめちから2016 2

しかも、雪が降ると
薄暗いうちに
子どもを引きずるようにして連れて出て、
保育園へ送り、出勤。
夕方は当然暗くなってから帰宅のため、
パンを焼いても、
写真を撮るヒマがない!



とまたまた言い訳ですみませんが、
そんなワケで
大したイイ写真は撮れませんでしたが、
とりあえず、
久しぶりの「ゆめちから」100%お山。

ゆめちからを100%で使用することには
賛否があるようですが、
私は嫌いではないです。


ただ!

今回、こんなに乾燥しているにもかかわらず
いつもどおりの加水にしてしまったので、後悔。

















ゆめちから2016 3

内層の写真はありませんが、
そこそこなカンジで焼けました。










ドカ雪の翌日。
道は今度カチンコチン。
前日遅刻したので今日こそは、
と更に早く家を出たのに、
保育園に着いたら雪遊びの道具(スキーウエアとか)
を忘れたことに気付きました。

モォーちゃんは「ママ、取りに帰って!」
私はキレまくり、「そんなのなくたっていいでしょ!!」etc.
怒鳴りまくり・・・

でも、モォーちゃんに暴言を吐きながらも
必死で雪道を家まで戻り、
道具を持ってまた保育園へ。

冷や汗かいたーー。

でも仕事には間に合い、
そして落ち着いて考えて
「なんてひどい事言っちゃたんだろう。」
とかなり反省いたしました。(つД`)ノ


お迎えの時。
モォーちゃんに、「ごめん、朝ひどい事言って。」
と言ったら、
間髪入れず、
「でも、ママがいい!!」
と言われました。



子どもって、子どもって・・・・・(T_T)





うちの子どもだけじゃなく、
子どもって、
どんな事があっても
やっぱり親が好きなんだ。
みんな、みんな、そうなんだ。














ゆめちから2016 4

どうか、
今この世にいる、
全ての子どもが、
親への愛と同じくらい、
愛されますように・・・・!!




雪の日に思った出来事。














P.S.「週刊うみこな」1月16日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。









ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪













2016.01.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

自家製酵母のロデヴ(試作) 1月16日その2

ロデヴ1

言わずと知れた、

ロデヴ。



自家製酵母のレシピが手元になかったものの、
焼きたいなあ・・・


じゃあ、実験しながら焼いちゃえ!



















ロデヴ3

配合と、
パンチを入れた時間、
温度(室温)を記録しつつ
「こね」というより
パンチでこねていくこと3回。





でも、残念ながらというか何というか、
時間の都合上、
3回目のパンチ以降
冷蔵発酵へ。


























ロデヴ10


これ、
成形後。

















ロデヴ4

うーん、もうちょっと
最終発酵とってもよかったなあ。


生地がいったん冷えてしまったので、
表面の温度と中心の温度に差があった模様。
中心の気泡が細かいですなあ。













ロデヴ5

ちょっと期待したクラムと違うような・・・・・


















ロデヴ6

小麦粉はタイプER。
そしてライ麦粉。



高加水特有の、
クラムはお餅みたいな触感。

クラストはカリッと。


実はワタクシ、
高加水のカンパーニュなどが
あまり好みではないのですが、
ロデヴはなんかいいなあ♡

粉と水と塩。

特に変わりない材料だと思うんだけど
何故だろう??




























ロデヴ7

このブッ込んだロデヴはなあーんだ?















ロデヴ8

スープにめいっぱい、
リベイクしたロデヴを突っ込んで、
ぐしゃぐしゃしながら
食べると、

思いっきりスープを吸ったクラムと
カリッとしたクラスとが
何とも美味しいでないかい!!















ロデヴ9

もうちょっと研究して、
また焼いてみまーす。















ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2016.01.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

いろいろ失敗パン(ベーグル・コロネ・ベーグルサンド) 1月16日その1

いろいろ失敗パン 1

あ、このベーグルサンドは失敗したわけじゃないんです。


















いろいろ失敗パン 2

お蔵入りにしようかと思っていた写真。

でも、せっかくだし、
なんて「もったいない」という主婦思考で
堂々、アップしますっ( ̄^ ̄)ゞ













いろいろ失敗パン 3

これはこのベーグルの
成形直後の写真。

珍しく撮ってみました。
(i-phoneでね。)















いろいろ失敗パン 4

仕上がり写真はないの。
でも、悪くない出来でした。


んで、
これを使ってベーグルサンド。

レタス、ミニトマト、キュウリ、
アボカドとマヨネーズのディップ、
ローストチキンの残りとチーズ。

普通って言えばフツーだけど、
思ったより
おいひかったーー。

















いろいろ失敗パン 5

失敗と言えばコッチ。。゚(゚´Д`゚)゚。



お花のベーグルのはずが、
なんの物体かわからーん!















いろいろ失敗パン 6

ホイロのし過ぎに注意したけれど、
それ以前に、
成形が
どーしよーもなくてねえ・・・・








ハナマンテンなんで、
むっちりした
粉の風味でした。













いろいろ失敗パン 7

そして、
もうひとつ目を覆いたくなる出来が、
この白パンのチョココロネ・・・

気が付いたら
約1年ぶりに焼いていました。
















いろいろ失敗パン 8

イモ虫だ・・・
完全にイモ虫だ・・・・!!


敗因はいろいろありますが、
まずは
加水の量を間違えたこと。

1個分の生地量が多いこと。

最終発酵を
もっと早めにあげてよかったこと。

などなど。















いろいろ失敗パン 9

食べ応えがあり過ぎるほどあるんですけど、
味はいつもどおり。
惜しかったなあ。
見た目も大事だもん。


私はカメラはズブの素人ですが、
やっぱ被写体が良ければ、美しければ
テンション上がるし⤴

被写体がいまひとつだと、
テンションも⤵⤵・・・・・




















いろいろ失敗パン 10

そんなこんなで、
絶っ不調!!

なのに最後までご覧いただき
ありがとうございます!













ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪






2016.01.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

チョコクロ&りんごチョコデニッシュ 1月9日その2

チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 1

実は、年末に焼いた折り込み・・・
((ノω`*)ノ・・・・)




お正月をイメージしたつもりが、
何だか「クリスマス・カラー」に見えるのは
そのせいか(笑)。


















チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 2

上のりんごデニッシュと、
小さめのチョコクロワッサン。




前回 (⇒ ★)
最終発酵をとりすぎた気がしたので
今回はやや短め。

う~ん、でもこれでよいのか
ちょっと難しいなあ。















チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 3

ご要望がありまして、
少々レシピをご紹介。

何故「少々」なのかと言いますと、
ココア生地は
ほとんど高橋雅子さんのコチラ(⇒★

を参考にしております。

但し、
加水は5cc減らしています。

この乾燥している時期に
何故かというと、

ココア生地はプレーンな生地よりとてもしまるので
水分が多いのですが、
この辺りは気温が低いため
バターがなかなか柔らかくなりません。
生地とバターの柔らかさのバランスを取るため
若干水分を減らしています。
が、そのかわり
当然折り込み時には
生地は伸びにくいです。


<りんごチョコデニッシュ>・・・洋ナシでも可
①三つ折りで3回折り込み、生地を3mmの厚さにのばす。
②端を切り落として7×7cmに生地をカット。
③三角に折り片方の辺を底辺の輪の方から切り込みを入れ、デニッシュの形に成形する。
④26~27℃2時間を目安に最終発酵。
⑤発酵中にりんごを皮付きで8等分のくし形に切り、更に薄切りにした後塩水につける。その後水分を拭く。
 クーベルチュールスイートチョコレートを砕いておく。クリームチーズを2~3cm大(7g位)に切り分けておく。
⑥最終発酵終了後、チョコ3gのせその上にクリームチーズ、りんご3切れをのせる。
⑦270℃予熱、220℃のオーブンで15分位焼く。
⑧焼きあがったらすぐにメープルシロップ(私の場合はてんさい糖シロップ)を全体に塗り、シナモンを少量かける。

















チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 4

こちら、
いつもと違って7×15cmの三角形で成形したので
焼き上がりの姿も違います。










チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 5

層はだいぶ出た。
でも、やっぱもう少し早く窯入れした方が・・・?














チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 6

2個だけ焼いたパン・オ・ショコラ」は失敗!。゚(゚´Д`゚)゚。

とじ目の位置がうまくいってなくて、
焼成中にばらけたっっ

















チョコクロ&リンゴチョコデニッシュ 7

他の家事やりながらだからねえ・・・
どうしてもタイミングを逃すザマス。

でも負けないぞ!

またやります(*`ω´*)/















P.S.「週刊うみこな」新年号外、1月9日号、は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。













ココロはどこへ?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2016.01.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

バゲットでいきました! 1月9日その1

初焼きバゲット1

インスタにも書いたんですがね、
どうも隣に写っているのが
箒に見えるのよ・・・・(笑)。゚(゚´Д`゚)゚。


一応、注連飾りなんっすけど!




















初焼きバゲット2

今年のお初は、
やっぱり憧れのバゲット。
(自分の焼いたのには、ぜんっぜん憧れないけどね。)

年末に酵母エキスとパン種を
全て使い果たしたので
現在起こし中。

なので今回は、
あっさりとしたところが気に入っている、
ちょいイーストとタイプERで焼くバゲット。






が、しかし、

今年を暗示するかのように、
だいぶ「暴れた」。
オビも切れた。

クリスマスの時焼いたバゲットと(⇒ ☆)
どこが違うって、
やっぱりビミューな
発酵の温度と長さ。
発酵具合によって、
同じレシピでも、
クープの開きとか、
出来上りが相当違いますな。

ふむふむ、勉強になります。

















初焼きバゲット3

ピキッといってくれると、
やっぱ気持ちいい。

クープが開けばいいってもんでもありませんが、
でも開くとやっぱうれしいものです。



焼きたてバゲットは、
何もつけないでむしゃむしゃ食べても
やっぱウマし!



























初焼きバゲット4

今ある準強力粉が
リスドォルとタイプERのみなので、
これはタイプER。











初焼きバゲット5

キラキラしたクラムの内層と、
香ばしさがいいですね。



















初焼きバゲット6

会心の出来ではないにしても、
ショックをうけるような大失敗はなく、
まずまずとしましょう。



今年もどんどん焼きたい!

















心はどこに?
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2016.01.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | チョイイースト

2016年、家庭でパンを焼くということ。

2016あめおけ1

2016年、あけましておめでとうございます。


今年の年末年始はあっという間に過ぎ、
しかも仕事始めが月曜日だったので
更新が遅くなってしまいました。

よいお正月をお過ごしだったでしょうか?





上の写真は、
私が大好きな朝の貴重な2時間に、
ふと見上げると
三日月と、夜明けの明星と、日の出前の朝焼けが
とってもキレイだったので
思わずi-phoneにて撮影。
(残念ながら、元旦じゃないの(´∀`*;)ゞ )















2016あめおけ2

ここ2年近く、
仕事が切れ目なく忙しかったので
昨年は文字通り、
アホ面で「あっ」とか言っている間に
ほんとに過ぎてしまいました。(笑)

強烈にいい事も悪い事もありませんでしたが、
ちょっとだけ嬉しいこともあったりして、
まずまずの年だった気がします。


















2016あめおけ3

「2015年おさらい」を見ると、
お手軽に焼けるパンを焼いていたな、
と思ったりして。

でも、そりゃそうだな、とも思います。
コンクールに出るわけでもなければ、
プロとして焼いているわけでもなく、
あくまでも日常の、
そして趣味として
パンを焼いているわけですから。
















2016あめおけ4

何度も書いていますが、
夫の家庭はご飯党なので
基本的に食事にパンは食べません。

子どもたちも
目の色を変えて
パンを食べるわけではありません。


では、
私は何のために
パンを焼いているのか・・・?






















2016あめおけ5

もちろん、
自分が好きだから、
食べたいから、
ということはあります。

でもそれなら、
安くてそこそこ美味しいパンは
いくらでも売っているし、

もっと簡単に焼ける
パンの焼き方もあります。

それを
なぜわざわざ、
たぶん一番手がかかり、
長い工程が必要な
自家製酵母でつくるパンを焼いているのか??


















2016あめおけ6

育てることが好きなんです。
何かが生きて、そこで育っていく過程が・・・

それも前に書きました。

祈りにも似た、
自分の振り子をもとの位置に戻すような
そんな作業が私にとってのパン焼き。


















2016あめおけ8

そして更に、
焼きあがった瞬間、
口に入れて飲み込んだ瞬間、

心が動かされるような、
心が動くような、

誰かや自分が、
爆発的な
嬉しさや
わくわく感や
楽しさを感じる、
「美味しい」で心動かされるような
そういうパンを焼きたい・・・・・!





これはあくまでも、
私の単なる「欲」です。

でも、欲でもなんでも、

誰かがそんな気持ちで
くしゃくしゃな顔で喜んで
パンを食べている姿が見たいんです。


私にただ一つだけ、
それができるかもしれない方法、
それが「パンを焼くこと」です。





















2016あめおけ7


皆さんの「揺さぶられるように、心動かされるもの」
は何ですか?

是非機会があればお聞かせください。



今年もわくわくがいっぱいある年でありますように。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。


















心はどこに?
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2016.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

powered by レシピブログ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: