春のオレンジヨーグルトブリオッシュ 2月21日その3

オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・1

今年、暖冬気味ですかね?


12月にいきなり-10℃になったり
雪も降ったりそれなりに寒かったものの、
そういえば湖は全面結氷しなかったし、
もう、ちょっと春めいたカンジ。

いつも3月で
やっとそう感じられる気がするんですが・・・・・











オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・2

そうすると
やっぱり味覚も春めいちゃって
なんか、アレ食べたーい、
となります。





で、去年焼いた、
コチラ ⇒ ★

オレンジヨーグルトブリオッシュ

を久々に。















オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・3

まだレシピは改良途中ですけどね。



結構気に入ってます。
オレンジとヨーグルトの爽やかさに
リッチな生地が。
















オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・4

発酵も非常にうまくいき、
日曜日だったので
最終発酵も待って待って
いい所まで持ってきたんですが・・・・・・








オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・5

カットすると

ざんねーーーん!











オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・6

生地のすきまが
大穴あいているわ。


これは、
パン屋さんなら
商品になりませんね。

上へ伸びたけど、
下へは、
隙間を埋めるほどにはならなかった
ということか。

















オレンジヨーグルトブリオッシュ2015・7

でも久しぶりのオレンジヨーグルトブリオッシュは
ウマウマでした♪










P.S.「週刊うみこな」2月21日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。










もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2015.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

パーティー・メニュー 2月21日その2

パーティ2015.2.20その1

ザザッとご紹介です。


何たって、焼き上がりに撮っただけで、
その後は何も撮影せず、っだたもので。
















パーティ2015.2.20その2

子どもたち用に焼いたヴィエノワ。


小ぶりに焼いてみましたが、
ご飯ものもあったので、
思いのほか売れず、
ホスト家へのプレゼントになりましたが。












パーティ2015.2.20その9

これは、
例の「トロアショコラ」のややアレンジ版。












パーティ2015.2.20その3

あいかわらず
岩石としか写りませんが、
むっちゃ美味しい!













パーティ2015.2.20その4

今回、一番人気で
完売いたしました。















パーティ2015.2.20その5

で、
これは普通のくるみベーグル。

おつまみには最高です。













パーティ2015.2.20その7

こちらは保険のため持参した(笑)
いつものお山。

翌日撮影したのでシワってますが、
急いで焼いた割に
まあまあな仕上がりでした。









で、何があったかというと、
今年最後の、
小学校の参観日、
そして、役員決め!
(とりあえず、今年ははずれましたが。
いいか?悪いか?)

その後
イツメンのママ友と
持ち寄りパーティーでしたのよ。

今回は
新築したお宅へ突撃!

子どもたちは仲良く
盛り上がり、
母たちは呑んで食べて盛り上がり、
いつもよりは短い時間でしたが
(いつもが長すぎなんだけど。)
満喫しましたー。















パーティ2015.2.20その8

子ども連れでも
遠慮なしで行かれる
お友達宅はありがたいです、ホント。












もっと自由に!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

やっとクープが・・・/バゲット・MKTD 2月21日その1

goodクープMKTD 1

めちゃくちゃ眠いのですが、
何とかこれだけはアップしようと
かろうじて目開けてます。















goodクープMKTD 2

MKTDで、
やっとクープ開いた!

かなりはじけているけど、
まあいいや。









goodクープMKTD 3

加水を80%、
なんといっても一次発酵が
起床した時にジャストタイムで終了。











goodクープMKTD 4

実は
下2か所はこんなカンジですけどね、
今までよりマシなので、
ヨシとする!










goodクープMKTD 5 

翌日ですが、
カットするとこのような・・・












goodクープMKTD 7

気泡がグンと上へ向かって。







やっぱり発酵の状態が大事ですね。
加水、生地温、発酵、成形時のしめ方、
そしてクープの入れ方等々、
材料がシンプルなだけに
一つ一つのがきっちりできていくことが
大切なんですなあ・・・・・











goodクープMKTD 8

で、また日々精進しまーす。














もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

甘~い魔力・クイニーアマン 2月14日その2

クイニーアマン1

食べること自体
何年かぶりの


クイニー・アマン。
















クイニーアマン2

確か流行った頃
イングリッシュマフィンと同じ
丸い形のものを食べたような・・・・

でも記憶が定かでなく、
どんな厚みで
どんな食感で
どのくらいの甘さだったか、
中はどのくらい柔らかかったか
詳細が不明。

かすかな記憶をたどって
何とか焼き上げました。















クイニーアマン3

こちらはかなり薄くしたもの。

でもガリコリ感がよかったですよ。












クイニーアマン5

わーーーい!
こんなにたくさんのクイニー・アマン、
見たことなーい!


これは自分で作る特権ですね。














クイニーアマン6

実は生地が出来上がって
いざ成形、となった時に
グラニュー糖がないっていうことに気づき、
仕方なく、白砂糖使用。


それにしても、
ものすごい量のお砂糖を使うのですよ。

でもきっと、
減らすとクイニー・アマンにならず、
なのでしょう。

ひとつの食べものに
これだけのお砂糖を使ったことがないので、
(ジャムとか保存食以外)
「体、だいじょぶかあ~?」と
つい思ってしまうのは職業病・・・・。












クイニーアマン7

2枚の天板に
めいっぱい並べて焼いたので
やはりムラ焼けになってしまいましたよ。

で、上から焼けた順に並べてみました。













クイニーアマン8

これは一番焼きが甘い。

でも、がりっと感もありながら
柔らかさがあるので
子どももOKかも。









クイニーアマン9

こちらは一番こんがり。

パンというよりお菓子ですが
がりごりかなり食べ応えあり、
自分的にはOK。

これくらい香ばしいのもアリか?













クイニーアマン10

これは中くらいで、
一番無難ですね。

まわりカリカリ、
中少しふんわり。










クイニーアマン4

手探り状態で焼いたこのパン。
グラニュー糖を使えば、
また「顔」も違ったことでしょう。

厚かったり薄かったり、
焼けていたり焼けてなかったり、
いろいろでしたが、

1個食べれば
甘ーいと思いつつも
豊かなバターの香りと
甘さの魔力にかかってしまいますよ~ん。















クイニーアマン11



クイニー・アマンの
魔力をどうぞ。














P.S. 2本の更新で力尽きたので、今週の「週刊うみこな」はすみませんがこれで終了です。よろしかったら、その1からご覧ください。











もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

塩キャラメル風?フロランタン・ラスク 2月14日その1

塩キャラメルフロランタン&ビスコ1

まさに、 バレンタインど真ん中!

なのに、チョコ関連ネタでない
記事を載せるのって
勇気いる〜〜。(笑)












塩キャラメルフロランタン&ビスコ2

ま、雑にフィリング載せてあるところは
いつもの事なので、
スルーしていただき、

あれ?2年ぶりかな?
作りましたよ、フロランタンラスク。

コチラのレシピ ⇒ ★

シンプルでお気に入りのレシピで、
またまた焼いてみました。











塩キャラメルフロランタン&ビスコ3

が、

実はこのレシピをアレンジして
焼かせていただいております。

と言うのも・・・・・










塩キャラメルフロランタン&ビスコ4

このプルマン、
写真では全くわからないのは当然ですが、
決定的にいつものプルマンと
違う点があります。

「白プルマン」を目指したので
クラストはかなり薄めのやわやわで、
一次発酵がばっちりだったので
クラムはしっとりぃ~
な、イイ感じと思っていたところ・・・・


食べて  ガ~~ン!


初歩的すぎるミス、
塩の入れ忘れ!











塩キャラメルフロランタン&ビスコ5

ご存じかもしれませんが、
砂糖を入れ忘れても食べられますが、
塩を入れ忘れたパンは、
どうにもこうにも
煮ても焼いても食えませんねーーー。

どのようにしても、マズイ!








でも、こうなったら
「加工」しかない!と思いたって
このフロランタン・ラスクにすることに決定。

















塩キャラメルフロランタン&ビスコ6

プルマンを5mm位の厚さにスライスして
更に半分の大きさにカット。

34枚できたので
オリジナルレシピの倍量のフィリングに
塩を1g追加。

オリジナルは無塩バターですが、
有塩バターを使用。

煮詰めが足りなかったので
焼成時間を15分長くしました。
(もっと長くしてもいいくらいでした。)



いや、ウマイわ!

一世を風靡した塩キャラメル味そのもの。
めずらしく子どもたちも大絶賛。

失敗パンがなくてもまた作ろっっと。










塩キャラメルフロランタン&ビスコ7

で、

やっぱチョコねたを
チョコっと入れとこ(寒)
と思って、また焼いたチョコとココナッツと
アーモンドのビスコッティ。













塩キャラメルフロランタン&ビスコ8

ビスコッティのバリエーションはいろいろありますが、
この組み合わせは安心できる、
間違いない、
大好き。










塩キャラメルフロランタン&ビスコ9

見よ、
堅焼きせんべいに勝るとも劣らない
シャキンとした立ち姿の
ビスコッティ。











塩キャラメルフロランタン&ビスコ10

市販のお菓子大好きの子どもたちに
この2種を食べさせたら
2人ともかなりいい反応。

長男・ウリはビスコッティ派、
長女・モォーちゃんはフロランタン・ラスク派。


ま、私的にはどちらも美味しい。
だって自分の好きな物を作れるのが、
主婦、母の特権。










塩キャラメルフロランタン&ビスコ11

リメイク大成功!
(と自分では思っているのよ。)











もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

クロワッサン・ラプソディー 2月7日その3

クロ・ラプソディー1

まごまごしていたら、
3か月近くもクロワッサンを焼いていなかったです。


秋の初め頃は頻繁に焼いていたのに。
(つまり強化練習。)

レシピやら、工程やら、
そらで覚えていたのが
いちいち見ないとわからない・・・・

















クロ・ラプソディー2

光の加減か、
結構焼き込んだつもりが、
意外と白っぽいですね。















クロ・ラプソディー3

でもどうにか、それっぽくでけたあ~♪






巻き終わりのしっぽが
いつもしっかり下に入っていないので
やっぱまた浮き上がってますがね。






今回はいつもよりしっかり巻いたので
最終発酵をもう少し待ちたかったところ。
ちょっとアクシデントがあり、
そこそこで終了にしてしまいましたが。











クロ・ラプソディー4

こちらがプチ・クロ。

小さいというだけで
これまた何だか美味しい。











クロ・ラプソディー5

でも、
一番外側の層が取れてしまったのです。
あーー、もったいない。

でも、今回、
すごく層が薄く、
出来が良かった気がするーー。
自分で言うのもなんだけど。














クロ・ラプソディー6

そしてこちらは、

大好きデニッシュ。














クロ・ラプソディー7

昨日の試作・おやつパンと、
全くフィリングがかぶっております。(笑)


アクシデントというのは、
このデニッシュのバターが、
最終発酵中に溶け始めてしまったんですねえ。

温度が、ほんの1~2℃高かったために。
繊細なのね。













クロ・ラプソディー8

で、
なんか層にハラハラ感はなく、
がっしりマッチョになってしまった感がなくもないですが、
このがっしりした噛み心地も悪くないです。
(要は何でもいいのか??)















クロ・ラプソディー9

大好きなぐるぐるも
もちろん。










最近、
とても久しぶりにパン屋さんの
イーストのクロを食べたのですが、
その儚さが、
なんか物足りなくなってしまったワタクシ。

ガリガリ、ザクザク、もっちりの
酵母のクロワッサン。

初めは「ん???」ってカンジなのですが
これに食べ慣れてくると
やみつきになっちゃうのよねえ。














クロ・ラプソディー10

ド素人の私が焼いても
ウマすぎる、

酵母のクロワッサン。












P.S.「週刊うみこな」2月7日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。














もっとその先へ!!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

こりずにMKTDのバゲット 2月7日その3

MKTDvol.2 1

こうなったら、

どんどん焼きまくれ~
、と思って
今週もMKTDと微サフでバゲットを。












MKTDvol.22

またやっちゃった、
過発酵・・・・・




なんでそんなに度々かと申しますと、
私の場合
寝る前に仕込み、
成形・焼成する時刻は決まっているので、
こね上げ時の生地の状態、
もっていきたい一次発酵終了時の状態で
夜間、どこで一次発酵させるかを決めます。

今は、寝室、廊下、ワインセラー、
のいずれかになるのですが、
なにせ朝の冷え込みがひどいので、
寝室を選択すると結構いいのですが、
時々、意外と室温が下がらず、
朝までそこに生地を放置すると
過発酵になります。

今回もそれ。

あ~~、いき過ぎた・・・・













MKTDvol.23

焼成は、
いつも途中でパンの位置を変え
ムラ焼けを防ぐのですが
今回やめてみました。

でも、そうするとやっぱり
妙に焼けているところと
白いところがあるなあ・・・・

う~ん、
家庭用オーブンの限界か。















MKTDvol.24

下はまあ若干クープひらきましたけど、
上は全くイマイチ。











MKTDvol.25

生地はかなり膨らんでいたけど
いじっている途中でしぼんだ模様。









MKTDvol.26

しかし、このモチモチ感はハンパないです。


ひょっとして、クープがひらきにくいのも
加水、高過ぎか?
80%にしてみようかな?

モチモチ感はあっても、
クラストのパリッと感がないのですよ。
ま、焼き方のせいもあるかもしれませんが。












MKTDvol.2 7

というわけで、
またゴチャゴチャ言いましたが、
MKTDはまだまだいっぱいあって、
2本づつなら8回、1本ずつなら15回以上は焼けるから
また焼いっちゃおっと。











もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

試作・りんごのおやつパン 2月7日その1

りんごのおやつパン1

いつもより、
ちょっと早めのブログ更新。

何故かというと
何年かぶりに、

ウチに インフルエンザがやって来た~!!


結婚したばかりの頃
私がかかって以来なので、
十年近くたってます。

今回は娘。
今ぜんっぜん流行っていないB型に感染。

どこでうつったんだーー!








りんごのおやつパン2

で、病児保育もあずかってもらえないので
休暇をとり、看病。

仕事がないと
精神的ゆとりができるので
(つまり、たるんでいるということですが)
ちょっと新作を考えたりしちゃって・・・。

あ、でも焼くのはもちろん
子どもが寝ている間ですよっっ!







最近買ってみた、アレを使って・・・。
(またご紹介します。)






りんごのおやつパン3

でも、あえなく撃沈。



想像していたものと、
全く違う出来上がりになりました~。


つまりは丸型で
菓子パン風のものを焼いたつもりなんですが
1個当たりの生地量が少なかったのか、
フィリングが少なかったのか、
はたまた生地が元気が良すぎたのか、
単なる丸パンの上に
ちょこんとフィリングが乗っかった、
的なパンになっちゃって。









りんごのおやつパン4

だから、滑り落ちてこのように・・・・・











りんごのおやつパン5

おっ!

これ1個だけ、
ちゃんと真ん中に。

チーズクリームと
まだまだ大量にある紅玉ジャムと、
ほんの少しのシナモン。

つまりはよく焼いている
デニッシュのフィリングですけどね。
(⇒ コレ★)


お粉は1CWとドルチェの混合。
菓子パンにはたまに使う配合です。
(いいかどうかはわかりません。((笑)) )










りんごのおやつパン6

味はね、
まあ好みのものです。

もうちょっと改良して、
うまくいけば
ご紹介しまーす。








もっとその先へ!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

バゲット/MKTD・サフ 1月31日その3

MKTD1

ひそかに
バゲットを焼いています。









MKTD2

ひそかに、
でなくてもいいのですが
あまりにし失敗続きなので
大っぴらにしないようにしています。




なーんと、
MKTDが手に入ったので、
さっそく焼いてみました。
















MKTD3

1本クープ、

と言いたいところですが・・・・・・














MKTD4

実は、こっちが

正面!!














MKTD5

もうっっ!!

こんなカンジに焼けちゃった!


どうしたら、
こんなピカソ的なバゲットになるかというと・・・・


まず、朝の気温-11℃になるっていうから、
サフの量を思い切って倍にしてみた。
発酵時間はいつもと同じ。

でも思いのほか低気温の影響受けず、
一次発酵は
絵に描いたような過発酵。

でも、打ち粉はしっかり払って
閉じもかなりしっかりやっても、
倍量のサフは思った以上に強力だった!!

一次発酵も多すぎだし。


で、爆発。









MKTD6

この部分のクープが
このように開いていたから、
とじ目が割れなかったら、
きっと結構よくクープが開いたかも・・・・










MKTD7

中はこんなカンジ。








MKTD8

クラムがキラッキラしていて、
食べると・・・・


わーーー、
すっごい、しっとり感!!


タイプERよりだいぶ吸水がいいので
加水84%。
そのせいもあるのかな?
手作りのシュー皮の、
内側のしっとりした部分みたい。
(わかります?)











MKTD9

あ~~、
悔やまれることいろいろ。

次回はちゃんと焼こっ!
(と毎回思ってるんですけど。)












P.S.「週刊うみこな」は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。










もっと自由に!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

いつものエピとリベンジ・タルトタタン 1月31日その2

エピとリベンジタルトタタン1

そういうわけで、
先週パン種を作れなかったので
焼く回数がぐっと減り、
あれっ?
アップする生地ないじゃん、
てことになりました。




で、手抜きするわけではないのですが、
ブログ休止中に撮っていた写真が
まあまあだったので、
アップします。

重ねて申し上げますが、
手抜きするわけじゃないんですが、。(笑)














エピとリベンジタルトタタン2

でも、変わり映えのない
私の好きなエピですが。

トマトを練り込んだ
フォカッチャ生地のエピ。

黄金コンビのバジルペーストとベーコンで。











エピとリベンジタルトタタン3

そして、プレーンなフォカッチャも一緒に。









エピとリベンジタルトタタン4

これら、いつ焼いてもいつ食べても、
ワインのおつまみには最高でっす!














エピとリベンジタルトタタン5

で、これはこの時の(⇒ ★)

リベンジ・タルトタタン。

今回はりんご 2倍に!

いやーー、
うまいっす。
これくらいたっぷりリンゴがあると、
堪能できます。


もう、年越しのふじも終わってしまい、
リンゴの季節は
自分的に終わってしまった感があるので、
また来年
たっぷりのリンゴで焼いてみます。







エピとリベンジタルトタタン6

なんせ、この時期
いろいろしんどかったものですから、
写真も同じアングルが
2~3枚しかないので
カット写真がないのですが、
薄っぺらいリンゴの層とはちがって
今回はがっつりリンゴの部分がありましたよ。










エピとリベンジタルトタタン7

で、こちらはおまけに
今年の「お葉漬け」。
野沢菜漬けですね。
(⇒コチラ







エピとリベンジタルトタタン8

なんと、2か月以上も放置してしまいましたが
(ふつうは、お正月頃出してみて食べます。)

色もまだ鮮やかで
ただしカビには覆われていたので
乳酸菌の旨味というよりは、
ブルーチーズみたいな味わいになっていました。

これからしばらく楽しめます♪












エピとリベンジタルトタタン9

そんなこんなで、
休止中もいろいろやっておりましたヨ。







世の中では、
言葉にできない悲劇、
心をえぐられるような事件がいろいろありました。


このように、
平和に暮らせていることに
心の底から感謝・・・・・・・・・・・・













もっと自由に!
Have a nice trip!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2015.02.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: