プチ・キッシュ 2月1日その1

プチ・キッシュ1

メチャメチャ好きなんです、キッシュ。






プチ・キッシュ2

この間の(⇒ )キッシュの生地の端キレ。

今まで伸ばして砂糖をまぶしてお菓子にしてみたり、
ちぎってキッシュの中にアパレイユと一緒に入れて焼いたり、

でもイマイチな再利用っていうかんじだったんですが、
今回、「そうだ!プリンカップ!!」と思いつき、
かれこれ40年くらい前のプリンカップを使って
「プチ・キッシュ」作製。




プチ・キッシュ3

40年ってすごいでしょ?

たぶん、母か、姉たちが子どもの頃使っていたプリン型。
結婚した時実家から持ってきたもの。
普段は、お料理の時に刻んだ薬味や材料を入れて置いたり、
ハード系のパンを焼く時、
水を入れて一緒にオーブンに入れたり、と結構大活躍。


で、今回これに得意のテキトーに生地を敷き、
一応タルトストーン使って
一度空焼きして保存しておいたのでした。




プチ・キッシュ4

なんかクリームでも作って
甘いパイにしようかと思ったのですが、

やっぱ、も1回キッシュ食べたい!
と思い、ちょうどあったハムとブロッコリーと
残っていたチーズを入れ、
アパレイユもテキトーな配合で流し入れ・・・・

お、お~!!
でも一応できたではないですか、
「プリンカップ入りプチ・キッシュ」

お見せするのも恥ずかしい雑な成形、
そしてプチを作るなんてアイデア、
とっくにやっている方もいるとは思いますが、
小さいタルト型がなかったので、
いつも傍らにあるプリンカップで作るということが
私にとってはかなり画期的!だったんです。





プチ・キッシュ5

でも、一番嬉しかったのは、
職場のNさんにおすそ分けしたら
「すごく美味しい、しあわせ~。」と言ってくれたこと。

そうなんだよ!

パンと同様、キッシュってしあわせになるんだよ!

フ・フ・フ・・・
もっとキッシュ・フリークを増やしちゃおう・・・と陰謀を企てる。





にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2014.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

ゆずチョコブリオッシュ 1月25日その4

ゆずチョコ 1


別に時期(バレンタイン)を意識したわけじゃないんですが、
なんとなく久しぶりに作ってみたくなって、チョコ・ブリオッシュ。






ゆずチョコ 2

マフィン型で50gの記事を6個焼いて、
残りをまた6等分にして丸型で焼くとちょうどいいのですよ。



ゆずチョコ 3

で、丸型の方はこんな

”怪獣 ”

みたいなパンになっちゃったんですけど(笑)。




ゆずチョコ 4

実は目的は、
ほらほら、このちょこっと見える黄色いヤツ、
これを使うこと。

お正月に、ほんの数片の皮を使って、
ほぼ丸ごと残っている 「ゆず」の使い道はないか・・・・・

でも、砂糖漬けにするのはめんどう、カレースプーン1杯分もないし。
で、荒技。
「そのまま使い」。
一応1回湯がいて。




ゆずチョコ 5

ミナミノメグミで、しまっている生地だから
こんなカンジ。
でも食べると
思ったより、ふわっとしっとりでした。




ゆずチョコ 6

で、この「ゆず」。

子どもたちは嫌がると思って、
丸型の方にしか入れなかったんですが。

ゆずの香りとチョコがあいまって・・・・・
うーん、うーん、うーん、

やっぱ「ゆずピール」の方がおいしいかな?
「皮」はやっぱ「皮」だなー


ゆず皮の苦味とチョコの甘さがどうもバラバラなカンジでねえ・・・
砂糖(甘さ)も使うべき時には使わないとダメなのね。


勉強になりました。




ゆずチョコ 7

でも、ハードもいいけど、リッチも美味しいね♡





おまけ ♪
翌日食べたらですねえ、何だかココアとチョコとゆずの味が混ざり合って、
あれっ?きのうより、ひょっとして美味しい?・・・
パンもサクッと歯切れよく。
おうちパンで、翌日も食べることを見越せば、
ひょっとしてこのパンでもいいかも!?

ってカンジでした。






P.S.「週刊うみこな」1月25日号は4つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。





もっと自由に!!
Have a nice trip!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

キッシュ:ほうれんそう&ベーコン 1月25日その3

キッシュほうれんそう&ベーコン1

酵母は使ってないんです、残念ながら。

クリスマスに作ったのと同様、
普通にパート・ブリゼで。




キッシュほうれんそう&ベーコン2

やっと最近お安くなってきたほうれん草で。
王道のほうれん草&ベーコン。


焼きたてだし、これから出かけるところだったので
型に入れたまま失礼しまっす!




キッシュほうれんそう&ベーコン3

なんか最近、
焼きたてでもこんな風にふつふつとした臨場感なく、
なんか焼きがあまいのか、材料のせいなのか・・・
また何かレシピとか焼成温度間違えてるかな?

焼きめがイマイチなところもあるしね。





キッシュほうれんそう&ベーコン4

今年は長い年末年始の休みだったかわりに、
年があけると、尻上がりに仕事が忙しくなるのはわかっていたので
なんか憂鬱な気分でした。

そして予想通り、やっぱりどんどんやる事が増えてくる。
なんかしんどいなー。

と、「ぐちブログ」になってしまいましたが、
このキッシュと白ワイン飲んで
鋭気を養います。





にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

お久のレーズン酵母でヴィエノワのはずが・・・ 1月25日その2

ヴィエノワ2と蘭1

いつ以来かな?
久しぶりのレーズン酵母。

パン種もなかなかよいものができて、
あー、やっぱレーズン酵母は安心できる~。

で、久々で何作ろうか考え、
ちょうど寒さもピークだったのでリッチ系がいいな、
と、ヴィエノワ(もどき、ね)。




ヴィエノワ2と蘭2

寝る時ストーブのない部屋に置いて、
起きる頃までにめずらしく
一次発酵ばっちり。

いいぞ、いいぞ。

最終発酵も予定どおりいって、
前回よりクープも慣れたのでまずまず
納得のいくできばえ。


ところが!

焼成でまさかの失敗・・・・!!

今さら焼きで失敗ってあり?!
かなりのショック。




ヴィエノワ2と蘭3

こうなったらとりあえず撮影に耐えるものだけピックアップ。
「いいとこ撮り」しないポリシー(?)はどこへやら。

これはクープが均等にいったけど
白パンになってしまったモノ。


ヴィエノワ2と蘭4

これはスリムに成形できたものの、
海水浴の日焼け中に昼寝してしまって
半身だけ日焼けしてしまったモノ。



ヴィエノワ2と蘭5

かろうじて全体的に焼けたけど
頻繁に天板の位置を変えたから
やっぱりクープがシャキンとならなかったモノ。

もういい。
子どもたちは喜んだから。



ヴィエノワ2と蘭6

で、目の保養に・・・・
7~8年ぶりに花をつけた蘭。




ヴィエノワ2と蘭7

もう十数年前に東京で働いていた職場を退職する時
同僚がプレゼントしてくれた蘭。
元気なわき芽だけ植え替えて
世話らしい世話もせず、でも枯れずにいた・・・
そしたら今年、花をつけてくれた。

すごい。
今頃開花するなんて。



ヴィエノワ2と蘭8

こつこつと息をひそめるように生きて、
でもちゃんと生きていて、
やがて花を開かせる・・・・・

そんな生き方もあるわけですね。・・・・








にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪






2014.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

ホントに最後・・・。フィグノア 1月25日その1

捨て種フィグノア1

今度こそ、今度こそ
捨て種の最後です。

何日もたつとかなり水が出ていて、
初めは冷蔵庫のなかでもある程度発酵して膨らんでいたのが
全然膨らまなくなっていたので、
もうさすがにダメかな・・・・と思った捨て種。

丸パンやお山と同じだけレーズンエキスを足して
テキトー配合のリーンなパンで
大好きなフィグとクルミ入りで焼いてみました。

コリもせず、
「S]に対抗して、「N」のクープでどうだ!(⇒ 






捨て種フィグノア2

実は一次発酵が、
この寒いのに過発酵になってしまい、
焼成の頃には、
もう酵母に力がないのでは?
・・・・とも思ったのですが、
とりあえず膨らんだぁー。(というレベルです。)




捨て種フィグノア3

得意の大出血サービスのフィリング。



捨て種フィグノア4

だいぶこんがり焼けたので、
クラストもしっかり焼けていて、
そのまま職場に持って行ってお昼にガリガリ切って食べたから、
みんな、何ガリガリやってんだって思ったことでしょう。



捨て種フィグノア5

めずらしくフィリングが均等に入った~♡

さすがにクラムは、
よく噛むとごくわずか酸味あり。

ドライフルーツと合う酸味。




捨て種フィグノア6


捨て種の消費には苦労したけど、
「なんとなくサワー種」も完成したし、

感謝、感謝・・・。





にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

ストックパンを作る。 1月18日その3

捨て種お山最終版1

最近子どもたちがパンを食べたがる。

パンを焼いていながら
なんか矛盾しているけど、
主食はご飯(米)を食べてほしい気もする。
でも、自分の焼いたパンを食べてくれるのは嬉しい。

・・・と複雑な心境。




捨て種お山最終版2

で、どうせ捨て種まだあるし、
パンをストック(冷凍)するために焼きました。

2斤。

同じ1斤の型でも、
違う時に買ったら全然大きさが違っていました。



捨て種お山最終版3

こっちいつもの型。



捨て種お山最終版4

こっち
いつもより長い方の型。

これだと生地量が少ないかな。
2つ山の間がかなりあいてしまうのですよ。



捨て種お山最終版5

ちょっと目が粗い気もするけど、まあよし。
春恋のせいか、石臼挽き粉のせいか、
すごくしっとりもっちり。

またレシピを変えてみました。

♪ 捨て種のお山 ♪

春よ恋      300g
石臼挽き粉    30g
塩        4g
砂糖       8g
レーズンエキス  10cc
捨て種      50g
水        200g(もう10gいけそう)
なたね油     6g

HBでこね5分
30分後パンチ
最終発酵 32℃ 60分
焼成   200℃予熱 190℃ 35分




捨て種お山最終版6

先週できたレーズン酵母はいつ使えるかなあ・・・?





P.S.「週刊うみこな」1月18日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。


もっと自由に!
Have a nice trip!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

お恥ずかしいファンデュですが。 1月18日その2

ファンデュ1

正確に言うと、ファンデュじゃないと思います。

双子とか割れ目のあるとかいう意味でいえばそうかもしれないのですが、
生地はフランスパン生地ではなく、この前の捨て種丸パン生地。(⇒ 

でもー、クロワッサンといい、
ウェブ上に載せたくないくらい、また失敗したー。

「捨て種」=「どうせ捨てるはずのものなんだから」
と、心のどこかで蔑む気持ちが
やっぱ出来上がるモノに反映するのかしら?(大げさ?)



ファンデュ2

♪ 改良(?)版 捨て種丸パン生地 ♪

1CW     250g
石臼挽き粉   25g
塩       3g
砂糖      20g
捨て種     50g
レーズンエキス 10g
水       145g
バター     20g

最終発酵    30℃ 30~40分
焼成      200℃ 13分


何が失敗って、ボッコボコ。

これはですねー、わけあって
分割後ベントタイムが長くなってしまったんです。
要するに、12℃くらいの部屋に1時間以上放置してしまった。

最終発酵も予熱を待っていたら若干長くなってしまい・・・
成形でガス抜きしようとしても、思うように抜けず。

このテのパンは、一次発酵以降は
サッサと焼いてしまった方がいい気がします。

あくまでも私見。





ファンデュ3

色白「おしりパン」になるはずが、
だいぶ、こんがり日焼け後おしりパン。


ファンデュ4

ウリに、「ちぎって」と言ったら、
またつぶしていた。


ファンデュ5

モォーちゃんに「ちぎって」と言ったら
ピースしてた。
(かわいいから許す。)


ファンデュ6

失敗のもうひとつは、よくあることと思いますが、
しっかり割れ目を付けたつもりが
盛り上がったのができちゃった。

これはまだいい方。
もっと飛び出ちゃったのもあって、

「オチ〇コぱんだよ~」
と言って子どもにあげたら、異常にウケていた。
ま、なんてお下劣な。
失礼ですが、「クレヨンしんちゃん」的?

でもいいの。
朝からみんなでゲラゲラ笑った。

おうちパンなんだから、
素晴らしく出来のいいパンじゃなくたって、
みんなが楽しくて、味さえよければヨシ。(とします。)




ファンデュ7

ボッコボコを除けば、

これが一番 美尻・・・・。



もっと自由に!
Have a nice trip!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

まだやってます。クロワッサンで。 1月18日その1

捨て種クロワッサン1

クレッセント   ではなく、

クロワッサン です。(笑) 





捨て種クロワッサン2

要するに、
失敗したんですね、これが。



捨て種クロワッサン3

このあたりが一番クロワッサンっぽいような・・・




捨て種クロワッサン4

あいかわらず、捨て種で作っております。
こんなに全粒粉が入ったワッサンは初めて。

で、水分量間違えたかな?
生地がベタベタまではいかないけれど、
それこそ、つきたて餅のやわやわ状態で。

そして、外気温-10℃の朝は、
室温4~6℃・・・。

4~6℃って、それ冷蔵庫っしょ!
あわててストーブ焚いても
「室温」に戻したつもりのバターが、
室温にならなーあい!

したがって、生地はとろっとろ、
バターはカッチンコッチン。
それで折り込みをはじめるとですねえ、
バターはぶっつんぶっつんのこま切れ、
生地だけビヨーーンと伸びるんですね。

たしかに折っているけれど
「折り込み生地」じゃないわけでした・・・。




捨て種クロワッサン5

今回、底辺の長さとか変えたので、
ちょっと違った雰囲気の出来上がり姿。



捨て種クロワッサン6

層はまるっきり出ておりませんが。



捨て種クロワッサン7

ちぎってみる。
(もうあえてカットしない。)


焼きたてサイコー。
イーストのワッサンのサクサクハラハラとはまた違う、
ガリガリ、ザクザク、もっちんもっっちん。

んーーー、形はどうあれ、美味しいワ。




捨て種クロワッサン8

加水変えて、バターやわくして、
もいっかいやるかなー。

捨て種終了まであと230g。



もっと自由に!

Have a nice trip!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

今度は捨て種でお山 1月11日その3

捨て種お山その1の1

サワーを作った時のですねえ
捨て種がいっぱい、ある。


とにかく焼くしかない、と思い
今回はお山です。
またテキトーレシピ。



捨て種お山その1の2

成形の時、ちょっとしたミスをしたようで
山がすごい段違いに。


捨て種お山その1の3

こんなに高さがちがったの初めて。
どっちの山を見て発酵の具合を見たらいいか迷いましたね。


捨て種お山その1の4

上から見るとまあまあそれなりなんだけど。


で、忘れないための覚書で。
またまた改良途中であること前提で。

♪ 捨て種のお山 ♪

春よ恋       300g
石臼挽き粉     25g
塩         4g
砂糖        10g
捨て種       50g
なたね油      6g
水         150g
レーズンエキス   25g
  



捨て種お山その1の5

やっぱりいつもの果実酵母の種より
クラストが香ばしいような「気」がする。・・・・

クラムはもっちりしっとりだけれど、もう少し
みずみずしくてもいいような。



で、凝りもせず改良版。

捨て種お山その2の1

今回はとりあえず均等にのびたー。


改良版の配合は・・・・

♪ 捨て種のお山 vol.2 ♪

春よ恋     300g
石臼挽き粉   25g
塩       4g
砂糖      8g
捨て種     50g
なたね油    6g
水       175g
レーズンエキス 10g

結構発酵力あるのでレーズンエキスを少なく
(入れなくてもいいくらいか?)
加水は増やし、ハードなカンジに近づけるため
砂糖はやや減量。

クラムのしっとり感がアップしてなかなかです。
でも、もうちょい加水いけるかも。
そして石臼挽き粉を増やしてみようかな。
ひきが結構強いので、子どもたちはどうかな?

それにしても、不思議と
この捨て種には酸味がないです。

こうやって捨て種の活用法があってよかった。
だって、まだあと何回分かあるんですよね・・・・。




捨て種お山その2の2

で、「本家」のサワー種の方は
ひとまず「そぼろ状」にして冷凍保存。
これでいつでもほんのり酸味のあるパンも食べられるかなあ。
そして、久しぶりにレーズン酵母を起こし中なのであります。

気分によって、違う酵母が使えるかもしれないって、
ちょっとワクワク♡



P.S.「週刊うみこな」1月11日号は3つ前、おまけがそのひとつ前から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。




もっと自由に!!

Have a nice trip!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪






2014.01.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

ノア・レザンを焼いてみる。 1月11日その2

サワー・レーズン&くるみ1

引き続き、
サワーでパンを焼いてみるの巻 vol.2


前回のプレーン(⇒ )と生地は同じで
レーズンとクルミを約30%ずつ。つまり両方合わせて60%弱。



サワー・レーズン&くるみ2

14℃~18度で約10時間。
最終発酵は1時間40~45分間ほど。
230℃ 30分。

加水が低いので
クープは切りやすいのですが、
切りやすいためにアラも見えやすい。
きっちりクープが見えますからね。


サワー・レーズン&くるみ3

こっちはこうなんですが、



サワー・レーズン&くるみ4

こっちはこう。
下まできちんと切れていなかった。



サワー・レーズン&くるみ5

成形時にフィリングを入れたので、
やっぱ偏ってはいましたねえ。


サワー・レーズン&くるみ6

クラストはやはり抜群に香ばしい。
生地の酸味が、レーズンの酸味とも合って
なかなかいいのでは。

でもやっぱりクラムがイマイチ・・・・

加水増やしたり、ライ麦粉を入れてみようかなあ。



サワー・レーズン&くるみ7

種としては元気に育っていてくれて嬉しい。
でも今後のお手入れがね、頑張らなければ。

新しい子どもができた気分♡



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

サワーでパンを焼く。1月11日その1

初めてのサワー1

グラハム・サワーが完成した模様で、
「初めてのサワー種でパンを焼く。」

・・・・・・・・・・・・・・





初めてのサワー2

星の数ほどある、サワー種の作り方。
そして、サワーを使ったパンのレシピ。

とりあえず今回のレシピを選んでみる・・・・。

初めてレーズン酵母を起こした時、
何回も何回も失敗したことがフラッシュ・バックして、
サワーも作る前からどうせ失敗するんじゃないかと決めつけていたんですが。

そんな気持ちに反して、
毎日それなりに膨らむ種。
ツンとした酸の香りもせず、
むしろ、
「アレ?乳酸は増えているのかしら?」ってカンジでした。

でも6日目、とりあえず焼いてみる。

このレシピはかなり低加水。
しかもここ数日、最低気温-10℃くらい・・・

にもかかかわらず、一晩たつと
生地が2倍には膨らんでいる!!

でもやっぱり最終発酵の生地の上がり具合はかなりゆっくりだけど、
ベンチタイムなしで
早起きしたので2時間近くかけて発酵。
そして、焼成。

で、できたーーー!! (一応)



初めてのサワー3

加水が低いので、
クラムはこんなカンジでみっちり。
ドイツパンっぽい?


初めてのサワー4


お、お~~!!

クラストは、サイコーに香ばしい。
ガシガシ歯触りのいいおせんべいのようで。

で、クラムは・・・・
種はそれほど酸を感じなかったのに、
うん、うん、爽やかなほんのりとした酸味あり。
で、できてるかも~!サワー。

う~ん、でも酸味はいいものの、それ以外は
クラムとして、ちょーっと如何なものか・・・。
期待したのとちょっと違うカンジ。
やっぱ加水はもう少しあった方がいいのでは・・・

次回の課題としましょう。


初めてのサワー5

左側の凹みは、焼いている間プリンカップがあたっていたんです。

でも、いい。
どうにかできた「気」がするから。

そしてサワーは元気にモコモコしています♡


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

もったいないから・・・捨て種で丸パン

捨て種丸パン1

こちらのですね、(⇒
サワー種を仕込む時、捨て種が出ます。
出ないやり方で作りたいのですが、
とりあえず今の作り方しかわからないので、捨て種が出ます。

もったいないので、熱湯で消毒した瓶に
とりあえず毎日放り込んで冷蔵庫で保存しました。


捨て種丸パン2

これがですね、結構発酵してる。

1回、2日ほど放置していたら冷蔵庫の中で瓶のふたが決壊し、
種がデロデロデロ・・・・っとあふれていました。

貧乏性のワタクシ、
捨てるのはもったいないから、
とりあえずこれで何か焼いてみるか、と。

子どもたちが「丸パン」「丸パン」とうるさいので、
仕方なくまたまたテキトーなレシピで作製。
なんせ、サワーの捨て種でパンを焼いてことはないもので・・・・。


捨て種丸パン3

一次発酵はねえ、
膨らみませんでしたね。ところが、
出来上がりはヤワヤワのしっとりもっちりで、
思ったより美味しかったのですよ。

で、忘れないためにそのレシピを覚書。
ただし、全くの試験パンなので、まだ改良の余地あり。


♪ サワー捨て種の丸パン ♪

1CW     200g
石臼挽き粉   25g
塩       4g
砂糖      12g
バター     20g
捨て種(全粒粉:水:塩≒100:100:1)50g
水       135g⇒これは多分多すぎ
レーズンエキス 25g


捨て種丸パン4

一次発酵で2倍しか膨らんでいなかったから、
あせって最終発酵で結構ガンガン発酵させたので、
内層はこんなカンジの泡ブクブク。
それでもしっとりだったので、
も少し切り上げる時間が早くてもOKでしたね。


捨て種丸パン5

塗り玉も粉ふりもなしの、すっぴん丸パン。
思いの他ナイスな丸パンでした。

子どもたちはシュガーバターたっぷりはさんで食べるのが
今のお気に入り。

あー、でも私はハード系にしたかったなあ。
香ばしくて美味しくなりそう。
この時点の種は酸味はほとんどないし。


・・・・で、肝心のサワー種は!!?



それは後日のお楽しみ・・・・・♡




もっと自由に!!
↓ ↓ ↓ Have a nice trip!
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

どんな酵母になるでしょう?~味覚について

グラハムサワー

9日間の休みといっても、休みだと早いですね。
子どもたちは何かと理由をつけて
明日も休もうとしています。
私も休みたい(笑)。

やっぱり休みが長いと
ブログを更新しているヒマもあります。
ヒマなわけじゃありません!よ。



写真は、
こりもせず、サワーです。(⇒

そういえば、去年のお正月もライサワーを起こしていたような・・・(⇒

これは2日目。
素人ですので、保険のために
初日にレーズンエキスをほんのわずか使用しています。
今のところ全粒粉100%。
つまり、「グラハム・サワー」ということです。

が、ル・ヴァン種とどう違うかわかっていないところを
笑ってやってください。
・・・つまり、乳酸菌の量の違い?PHとか?




酸味は嫌われることが多いと思います。
確かにパンに酢酸の酸味が入ってしまうと私も好きではありませんし、
普通は失敗ということになるかと思います。
酸の中でも、酢の酸を美味しいと思えるようになったのは
大分大人になってからだですね。

でも、ほんのわずか酸味のあるパンは好きです。
特定の料理や、ワインに合うと抜群に美味しいからです。

「酸味」は好き嫌いが分かれる思いますが、
私は結構好きです。
ワインの酸とか、リンゴの酸とか。

特に子供の頃、庭にあったアンズを
季節になると祖母が煮てくれて、
それが大好物。
今で言えば、砂糖かなり控えめのプレザーブタイプの
アンズジャム、といったところですね。
だから今でもアンズは大好きで、(ドライでもジャムでもコンポートでも何でも)
結婚した頃、「目の前に鮨とアンズがあったら、アンズを選ぶ」、
と言ったら、鮨好き(いや、鮨キチ)の夫Yはびっくり仰天していました。

だからというわけではないのですが、
少し酸味のあるパンを作りたい。
それをスープやお料理のソースにひたして
ワインを飲みたい!

・・・・今の「マイブーム」です。


うまくいくかは      乞うご期待!





P.S.「週刊うみこな」新年号は6つ前の記事、「2013年 おさらい」から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。





もっと自由に!
↓ ↓ ↓ Have a nice trip!
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




2014.01.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 酵母

去年の忘れもの バゲット&ブリオッシュ

失敗バゲ&ブリオッシュその1

元旦から、いえ、大晦日から数日間
パン焼きはせず、ひたすら
寝て食べて飲み続けていたら顔がむくみました。(笑)

で、ふと気が付いたら
年末にいくつか焼いたパンの写真があった!



でもこれはですねえ、
失敗パンとしてアップする予定だった
自家製酵母のバゲット。

なにせ寒い。でも寒い方がやっぱり(私としては)バゲが作りやすい。
一次発酵OK!
成形もいつもよりは結構OK!
最終発酵も割とOK!
クープ、イマイチだったけど悪くない。
打ち粉は割と好きな米粉。

よっしゃ~。

・・・・と歓喜したら、久々のバゲだったので、
キャンバス地の上でクープ切っていた・・・・

ということは、その後取り板でオーブンシートに移さねば。
えっえ~!!どうすんの、もうクープ切っちゃたのにぃ。

上面のまま移そうと試みるも、ムリ!

泣く泣く、裏返して取り板に移しまた裏返してオーブンシートへ。
で、焼き上がりはコレ。↓ ↓ ↓

失敗バゲ&ブリオッシュその2

5本中3本のっぺり・・・
1本消滅。(これはどちらにしてもそうなったかも。)


失敗バゲ&ブリオッシュその3

ここだけは開いた。
だから他のも開くはずだったのでは!(と、思いたい。)


失敗バゲ&ブリオッシュその4

お恥ずかしいですが、全容はこんな風。

太さ、クープの間隔等、私にしては上出来だった。
今日は生地温、発酵状態よかったはずなので、のっぺりは
やっぱひっくり返してクープ後に打ち粉がついたりe.t.c.のためでは・・・

あぁ~、悔やまれる。




失敗バゲ&ブリオッシュその5

寒いので、中はこんなカンジで。


失敗バゲ&ブリオッシュその6

こっちの方からだけ撮っちゃうっ!






失敗バゲ&ブリオッシュその7

で、こちらは仕事納めの日に
一部プレゼントの為に作った酵母のブリオッシュ。


失敗バゲ&ブリオッシュその8

12分割にすると
6個はマフィン型、あとの6個は丸型で花形が1個できるわけです。


失敗バゲ&ブリオッシュその9

窯のび? 腹割れ?

ビミョーに最終発酵少なかったかもしれないから
腹割れか?

まあいいや。


失敗バゲ&ブリオッシュその10

結構グルテン出したので、
ムニューっとこんなんで。


失敗バゲ&ブリオッシュその11

ウチの者は誰もパン食べないのに、
年末、大量にパン種を仕込んでしまった。
写真は撮らなかったのですが、ベーグルとか、お山とか作りました。

作るの楽しー!
でも冷凍庫はパンパン!(笑)


そして、今、あるモノ仕込み中・・・。
うまくいくかな?
できたらアップしまっす!ね♡




もっと自由に!

↓ ↓ ↓ Have a nice trip!
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2014.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

2014年、もっと自由に!!

<あけましておめでとうございます。>


2014startの1

この辺りは信州の中でも太平洋側の気候に近いところなので、
雪はそれほど多くなく、
特に今年のお正月は今のところ穏やかに晴れています。

年が新しくなりましたね。

今年は「年女」なんです。
つまり、24か36か48か60か72歳のどれか、
ということです。(幅広っ!)

が、気持ちだけは社会人になったころと変わらず、
あれ?、私ってこんな歳だっけ?と
年々思うわけです。
それがもう老化現象?!


2014startの2

でも不思議と若返りたいとは思わないんです。
(わー、文字にすると負け惜しみみたいにみえるぅ~。)
苦しい事がいっぱいあったけど、やっとここまでこれたから、
もう元には戻りたくない。
自分にとって必要な過程だったのかもしれないけど、
もう繰り返したくはない。




私の父は厳しい人で、
「~しなければいけない」ということをずっと言われ続けていた気がします。
でもたぶん、気がしていただけです。
それが父の愛情であり、職業柄、そうならざるを得なかった
というのは今ならわかります。



2014startの3

でも、この歳になっても
心のどこかに刺さる小さなトゲのように
何か自由になれない不自由さが自分にあるのでした。

やりたい事をやればいい、
やりたくない事はやらなければいい。
と思いつつも、自分が辿っている道は
やはり父や母が歩いてきた道なのでした。
それは、肯定でも否定でもなく。



2014startの4

きっと、自分の中に脈々と続いてきた遺伝子なのであり
抗うこともできない、抗う必要もないことかもしれませんが。

ただ、この不自由さから解き放たれた時、
もっと違う世界があるのではないか、
もっと違う何かが自分にできるのではないかという思い。
そして、現実的にどうなのかと静止する思いが
常に混在しているのでした。



2014startの5

「~しなければいけない」というのは、
正解であり、ある意味不正解で
それを見極めるのが大人なのでしょうかね。

でも、子どもたちにはやっぱつい「~しなきゃ!」
って言ってますね(笑)。



2014startの6

こむずかしい事言っちゃいましたけど、
要は、生活のために今の生活をしていますが、
ホントはやりたい事があるんです。
でも、今はムリ。
って事です。(あらっ、数行で終わっちゃった。)




2014startの7

だから、体と時間は拘束されていても
心は自由に。

そう、今年は・・・



もっと自由に!!

今年もよろしくお願いします♡



↓  ↓  ↓  ↓  Have a nice trip!
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


2014.01.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑感

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: