2013年おさらい4 レシピ集

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


この1年も残すところ数時間となりました。

今年のレシピです。
が、まだ進化中の未熟なレシピとご了承ください。
(★印をポチするとレシピのブログへトリップします♪)

夏は畑メイドの野菜、秋冬はパン・お菓子のレシピが多く、
やはり季節によって食べるものが違うんですね。



「パン・マリネ」 (⇒

おさらい2013レシピの1



「酒粕マリネ風サラダとワイン」 (⇒

おさらい2013レシピの2



「野菜・やさい・ヤサイ!!」 (⇒

おさらい2013レシピの3



「トマトのチャツネとプレーン・カンパ」 (⇒

おさらい2013レシピの4



「夏の終わりに晩夏の宴。」 (⇒

おさらい2013レシピの5



「リベンジのアーモンドフォカッチャ・サレ」 (⇒

おさらい2013レシピの6



「バゲットとキャログラ!?」 (⇒

おさらい2013レシピの7



「ぐるぐるシナモンあんぱん・ちぎりバージョン」 (⇒

おさらい2013レシピの8



「白ごまドッグロールと掘り出しもの?」 (⇒

おさらい2013レシピ12



「なたね油とホシノはどうですか?」 (⇒

おさらい2013レシピの9



「ボジョレー・ヌーボーのためのスパイス・エピ」 (⇒

おさらい2013レシピの13



「♪もうどうにも止まらない♪チーズクッキー」 (⇒

おさらい2013レシピの11



「りんごとハチミツとろ~り!?スパイス・リュス」 (⇒

おさらい2013レシピの10



「クリスマス菓子はノエル・パンで」 (⇒

おさらい2013レシピの14



忙しくても、
いろいろあっても、

パンで遊んで
楽しく食べて飲めば
色々なことが昇華されて
前へ進めるのでした。

どんな1年だったでしょうか?

よいお年を。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

レシピブログに参加中♪




スポンサーサイト

2013.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

2013年おさらいその3 写真が大きくなりました。

このあたりから大きい写真が載せられるようになり、
ロゴもいれてみたりして。

でも、初めの頃はヒドイんです・・・・あしからず。



「シンプルorリッチ?どちらがお好き?シナモン・ロール」 (⇒

おさらい2013その3の1



「ブリオッシュプルマン」 (⇒

おさらい2013その3の2



「パン・オ・レと運動会後」 (⇒

おさらい2013その3の3



「イングリッシュマフィンとかぼちゃあんぱん」 (⇒

おさらい2013その3の4



「クロワッサンってやっぱ美味しい!強化練習編」 (⇒

おさらい2013その3の5



「どっちがどっち!?ホシノVSレーズン酵母」 (⇒

おさらい2013その3の6



「クロワッサンのある幸せ」 (⇒

おさらい2013その3の18




「丸パン続きでごめんなさい」 (⇒

おさらい2013その3の7



「パン・ド・バーズラー(?)」 (⇒

おさらい2013その3の8



「りんご酵母でお初!ミルフィーユ」 (⇒

おさらい2013その3の9




「クロワッサンとデニッシュはお好きですか?」 (⇒

おさらい2013その3の10




「リベンジ!チョコブレッド」 (⇒

おさらい2013その3の11




「やっぱり魅力的です。コロネ。」 (⇒

おさらい2013その3の12



「カンパーニュ的コンプレ」 (⇒

おさらい2013その3の13




「プチ・クロワッサン」 (⇒

おさらい2013その3の14




「サワーの研究?!」 (⇒

おさらい2013その3の15




「ヴィエノワもどき」 (⇒

おさらい2013その3の16




「日本人の証明」~パンづくりから考える (⇒

おさらい2013その3の17




レシピ集へ続く。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

2013年おさらい その2

2013年を振り返っています。




その2


「キッシュとワインとゴールデンウィーク」 (⇒

おさらい2013その2の1



「パン・オ・フィグ」 (⇒

おさらい2013その2の2



「パン・スコーン」 (⇒

おさらい2013その2の3



「初!日本酒に合うパン」 (⇒

おさらい2013その2の4



「ヨーグルト酵母プルマン」 (⇒

おさらい2013その2の5



「麗しのカンパーニュ」 (⇒

おさらい2013その2の6



「プルマンとシナモントースト} (⇒

おさらい2013その2の7



「クリームちぎりパン」 (⇒

おさらい2013その2の8



「オニオン・リュスティック」 (⇒

おさらい2013その2の9



「怒涛の一週間とワイン会」 (⇒

おさらい2013その2の10



「バーズラーNo2」 (⇒

おさらい2013その2の11



「パン・ド・ミとオレンジヨーグルト・フレンチトースト」 (⇒

おさらい2013その2の12



「北欧ブレッドNo2」 (⇒

おさらい2013その2の13



「バジルポテトのカンパーニュサンド」 (⇒

おさらい2013その2の14



「日本酒に合うピッツア」 (⇒

おさらい2013その2の15



「アーモンドフォカッチャ・アイスクリームサンド」 (⇒

おさらい2013その2の16



「カレーすき焼きサンド!?と3つ山」 (⇒

おさらい2013その2の17



「いのり」(レーズン酵母仕込み中) (⇒

おさらい2013その2の18



「ブリオとアイスとマチェドニア」 (⇒

おさらい2013その2の19





その3へ続く


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

2013年おさらい その1

2013年ももうすぐ終わりますね。
忙しいのは毎度のことながら、今年は特別悪い事も起こらず、
平凡な楽しさ嬉しさを感じる毎日で、
つまりはいい年だったのではないか思っています。
あくまでも個人的に、ですが。

この1年を振り返ってみることにしました。




「育つこと・育てること」 (⇒

おさらい2013その1の1


「ライ麦酵母菓子と王様の耳はロバの耳」 (⇒

おさらい2013その1の2

「ライ麦酵母バゲ」 (⇒

おさらい2013その1の3


「ブリオッシュ・タルト」 (⇒

おさらい2013その1の4


「ケロケロッ・ケロパン」 (⇒

おさらい2013その1の6


「いちご酵母食パンまつり!」 (⇒

おさらい2013その1の7

「ドーンとココアブリオッシュ2種」 (⇒

おさらい2013その1の8


「愛しのマカロン」 (⇒

おさらい2013その1の9


「スコーン・バー」 (⇒



おさらい2013その1の10

「抹茶バター・トップ」 (⇒

おさらい2013その1の11


「ケーク・サレ」 (⇒

おさらい2013その1の12


「ミルククリームサンド」 (⇒

おさらい2013その1の13


「バゲ強化練習(最終)と桜」 (⇒

おさらい2013その1の14


「ごまチーズカンパ」 (⇒

おさらい2013その1の15


「リベンジ・マカロン」 (⇒

おさらい2013その1の18

「こりずにコーヒーマカロン」 (⇒

おさらい2013その1の16


「ハム・オニオンカンパ」 (⇒

おさらい2013その1の17



その2へ続く。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

まるごとローストチキンや如何に?!・・・クリスマス。 12月24日

クリスマス2013の1

穏やかな晴れの休日。
少し早い、家族でのクリスマスを。

高級なものや飛び切りの何かがあるわけじゃないんですが、
家族の記録として・・・。

そう、何てことないクリスマス料理なんですが、
ひとつだけこだわっていることがあります。
「料理」はすべて手作りで。
下手だろうが、つきなみだろうが、とりあえず自分が作ったもの、作れるもの。


それが唯一、私が子ども・家族にしてあげられる最大限のことです。





クリスマス2013の2クリスマス2013の3

ツリーにはこの前の()ノエルパン。(首つってますけど。)
そして、リースは子どもたち作。



クリスマス2013の4

で、手作りと言っておきながら、
のっけからオードブル3点盛りはS〇IY〇さんのテリーヌ。(笑)

いや、あんまり彩りがきれいだったもので。(へへへ。)
エビのテリーヌ、サラミとチーズのテリーヌ、ソフトサラミですぞ。



クリスマス2013の5

サーモン好きの親子3代のために
スモークサーモンてんこ盛りサラダ。



クリスマス2013の7

夫Yに去年好評だった魚介のアヒージョ。
でも、今回のはいくらなんでもニンニク入れすぎだったな。



クリスマス2013の6

自分の好きなキッシュ・ロレーヌ。



クリスマス2013の8クリスマス2013の9

で、今年のメインは鶏の丸焼き~~!

でも、生の時はグロいのでお化粧してまた撮影エー。


クリスマス2013の10

焼くこと100分。

パリッパリの皮と、
じゅわ~、じゅわわ~~な肉汁とそれを吸った焼き野菜。

おいしいわ~~。

が、どう撮影しても
学生の時に読んだ「人体解剖図」的にしか写せない鶏の丸焼きが切ない。(笑)

これは紀州の「うめどり」を使っています。
ジューシーさが最高!
でもフツーの鶏でも十分だと思います。案外簡単だし。

是非、家族のテンション上がる鶏の丸焼きをどうぞ。




クリスマス2013の11

パンは「バーズラー」で。(
クラスト柔らかめのセミハードが
みんなには食べやすいらしい。

ややのっぺりさんになってしまいましたが、
クラムはなかなか良く、うん、うん、バーズラーはやっぱいいわ。



クリスマス2013の13

スパークリングは写し忘れてしまったのですが、チリ産。
コスパいいですね、チリは。

これは赤。
塩尻ワイナリーフェスタで仕入れたもの。
NAC認定で、期待以上に◎!!

私、スパイシーな香りのワイン大好きで、
これはいい、いい。
(と、ひとりご満悦。)



クリスマス2013の12

いちごと生クリーム&カスタードクリーム巻きの
ロールケーキは、全容はお見せするまい。(お見せできない。)

でも、死ぬほど生クリーム塗りたくって
シアワセ~。

どうってことない、家族だけの、のんびりしたクリスマスは
こうして過ぎていきました。

皆さまのクリスマスはいかがでしょうか?・・・・




メリー・クリスマス。



P.S.「週刊うみこな」12月21日号&12月24日号は4つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | その他

「日本人の証明」~パンづくりから考える 12月21日その2

何かのシンポジウムのタイトルみたいですが、
大した事は書いてありません。(笑)


かぼちゃチーズパン1

昨今では10月のハロウィンが随分と浸透し
町やおうちの飾りがそれっぽくなったり、
かぼちゃのさまざまなレシピが巷に出回りますね。

私はこれでも学生時代「のみ」ミッション系の学校で
(入学式の時に「入学式のミサ」があってびっくり仰天しました、慣れなかったもので。)
西洋の行事にはそれなりにふれてきました。

が、生まれつき浄土真宗の家に育ったためか
(と言っても熱心な檀家というよりフツーの檀家ですが)
現在、ハロウィンと言っても特にかぼちゃの何か、とも思わないのですが、

「冬至」、となると

かぼちゃ!かぼちゃ!

と思ってしまう 「ド・日本人」

なのでした。(笑)
(クリスチャンだから日本人ではないという意味では決してありません。)





かぼちゃチーズパン2

で、冬至 = かぼちゃ
ということで、ずーっと前から作ろうと思いつつ
作っていなかった、徳永久美子さんの「チーズかぼちゃパン」を作ってみました。



かぼちゃチーズパン3

徳永さんのはイーストなので、自家製酵母にアレンジ。

あまり作ったことのない作業工程だったので、
本を見よう見マネで。



かぼちゃチーズパン4

こんなカンジでいいのかどうかよくわかりませんが、
武骨な風貌が結構イイかんじで、
ほっこりとしていながらもローズマリーがシャレてました。




かぼちゃチーズパン5

カットしたことろはちょうどかぼちゃがあんまりない部分でしたが、
食べるとかぼちゃのゴロっとしっとり甘いかんじと
チーズとローズマリーの味や香りが何とも私ごのみでしたよ♡

最終発酵はもうちょっと短くてもよかったかも。

このままでも、
お酒とでも。

冬至には、この辺で「いとこ煮」と言っている
かぼちゃとあずきとすいとん団子のぜんざい風のものを食べますが、
このぱパンもいいなあ。





かぼちゃチーズパン6


そうそう、和食が世界遺産になりましたね。
懐石料理などが頂点とすれば、
郷土食や行事食はそれを支える底辺の「食」。
大切にしないとなあ。

私の中ではやっぱ、
冬至=かぼちゃ、かぼちゃ=冬至、なのでした。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 




2013.12.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

ヴィエノワもどき 12月21日その1

ヴィエノワもどき1

さ、寒いですねぇ~。
クリスマス寒波?

で、こんなに寒いと体は甘いモノと油を欲します(と勝手に思ってます)。






ヴィエノワもどき2

ヴィエノワ・・・・・もどき。

ヴィエノワのレシピは知らないので
あくまでも、もどきです。


クープをナイフで切る自信はなかったので
ハサミでチョッキン、チョッキン・・・・

う、う~、指がつる~(笑)




ヴィエノワもどき3

クープの不揃いもだけど、
この成形のマチマチも気になるところ。
太っちょさんやら、先細りさんやら。

でも、もっと気になるのは
この、焼きムラ。

1枚の天板に並べすぎなのね。
さすがのビストロも手に余るらしく
途中で並びかえてもムラムラムラムラ・・・・

分割が8個以上になったら2枚の天板で焼こう。





ヴィエノワもどき4

カットするとこんなカンジで柔らか~。
ブリオッシュ生地を参考に、
お粉は春よ恋。


このままでも卵とバターの香りで美味しいんですが、
今回は・・・・

ヴィエノワもどき5

カスタードクリームサンド。







ヴィエノワもどき6

閉じが甘かったのか
最終発酵がやや不足していたのか、
半分くらいこうなっちゃいましたー。



ヴィエノワもどき7

あいかわらずクリームのはさみ方が雑ですけど、
朝はこれ以上無理!



ヴィエノワもどき8

それにしても、このパン、
子どもたちは夕飯の後に1人2本ずつペロッと食べました。
やっぱ美味しいんだね、バターとか卵の入った柔らかいヤツ。

心のどこかで、「ハード系」を好きになってくれ!と
もくろんでいる母を尻目に・・・・




ヴィエノワもどき9



「理想的な母はよくない、程よい母がよい。」と言った方がいます。


そうそう、完璧じゃなくていい。
ちょっとくらい失敗したり、ブサイクだったり、テキトーなのがよい・・・・・
(言い訳、言い訳。)


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

クリスマス菓子はノエル・パンで。  12月14日号その4

ノエル・パン1

華やかなシュトレンの話を聞きつつも、

ダメだ、どうしても作る気力がわいてこない・・・・

やっぱりクリスマス菓子はコレっきゃない。

「ノエル・パン」。



ノエル・パン2

自家製酵母にアレンジした時、
加水量を誤って36%くらいになっちゃって、
相当カチカチ生地にはなりましたが、
要するにこの時のクッキー・パン(⇒ )なので

まあ、クッキーと思えば何てことない。


ノエル・パン3

焼き色が甘くてムラがあるのは、ちょっとワケありでねー・・・

まあ仕方ない。


ノエル・パン5

ハート、

ノエル・パン6

さかな、

ノエル・パン7

ボーン、

ノエル・パン8

クリスマスだから今回初登場、お星さま、

ノエル・パン14

そしてなんかカワイイ、こども。

ノエル・パン10

そして、モォーちゃんが手伝ってくれたノエル・パン。(笑)

これがなんだか私のイライラ、怒りのツボにはまってしまい、
楽しいクリスマス菓子の作成を子どもとするはずだったのが、
修羅場になってしまった・・・・。
自己嫌悪になるので、詳しくは話しますまい・・・。

でも、母親も人間だから、
と自分を慰めつつ、
気を取り直した時に子どもたちをフォローする自分。



ノエル・パン12

しっかりしなきゃ、ママ!

皆さんのクリスマスが、ハッピーでありますように!!




P.S.「週刊うみこな」12月14日号は4つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪





2013.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハレの日お菓子

「サワー」の研究?! 12月14日号その3

カンパーニュ・サワー1

うちの酵母は、かなりプレーンなカンジがします。あくまでも、気がするだけです。
パン種にすると、もっとクセがない気がします。

だからこそに何にでも応用できるのかもしれないし、
もっと強烈な個性があってもいいかもしれないし。




カンパーニュ・サワー2

で、最近になってなんだかちょっと、ほんのちょっとだけ
酸味を感じるパンが食べたくなりまして、
それには、うちの酵母ではちょっと違う・・・・・




カンパーニュ・サワー3

「酸」といっても、あのツンとくる酢酸の酸ではなく、
たぶん、乳酸。



ただ、私にライサワーもスイスサワーも、一から起こせるわけはなく、
その気力もなく、

考えた挙句、乳酸と言えばヨーグルト、
ヨーグルトと言えばカスピ海ヨーグルトだけは
いつも家に常備されている・・・・

というわけで、ヨーグルト酵母で「サワー風」はどうだろうか、と。





カンパーニュ・サワー4

どうやったらいいかはさっぱりわからないけれど、
まずはちょっとだけレーズンエキスと、前回作ったヨーグルトエキスを加え、
長めに発酵させてエキスを作り

全粒粉を入れてパン種づくり。





カンパーニュ・サワー5

エキスは結構酸っぱい香り。

パン種もかすかに酸っぱい香り。
でもパン種自体を食べても酸味はほとんどなし。

フムフム、いいのかな?こんなカンジ。




とりあえずカンパーニュ作って、
プレーンにしておけばいいものを、
なんかクルミ入りを食べたくて、クルミ入り。

が、なんせこの日は朝の室温、7℃。
ぜんっぜん、発酵が上がってこなくて
ぎりぎり待ったけどタイム・リミット!!

早いけど窯入れー。
スチームも足りなくて、「岩石」カンパーニュのできあがり。




カンパーニュ・サワー6

中もだいぶ詰まっとります。

でも、かすかに酸の香り。味はいつもどおり。
まあ、食べられる範囲で上出来か?

でもいつものカンパとほぼ同じと言えば同じか。




カンパーニュ・サワー7

何もわからない素人がサワーを作ろうなんて無謀な企て。

でも、いつもよりちょっぴり
深みのあるカンパーニュ・・・・かな?



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

ベーグル考 12月14日その2

ベーグル2種1

悩ましき ベーグル。

あら~、カテゴリの「ベーグル」を見ると、
1年以上作っていないみたい。





ベーグル2種2

この、お久しぶりのベーグル、
1日たってから撮影したので、
「つるピカ」どころか、「しわザラ」。(苦笑)

しかも成形で何度かやり直したので
(やり直せるところが、ベーグルのすごいところ。)
お肌も荒れ荒れで・・・・




ベーグル2種3

今回は微サフで。

敬遠してきたベーグル。

でも、ベーグルが嫌いなわけじゃないんです。
作っていないからもちろんなんですが、
どーも、成形がうまくいかず縄文土器になってしまう。

そして、ケトリングしている時間が・・・。
そりゃ、土日に作ればいいんですが、
土日は土日で作りたいモノが他にもいっぱいあるし。


でも、今回久々にベーグル食べて思いました。

やっぱ、ベーグル美味しいよ♡


他のハード系のパンとは違うみっちり感。
うんうん、粉の香りもいっぱい楽しめて
美味しい、美味しい♡。



ベーグル2種4

今回、初めてこの成形も。
かわいいなー(もっと上手くできてれば、ね)。



ベーグル2種5

最近食べていなかったからそう感じるのか、、
これがベーグルの実力なのか、

とにかく久ぶりに食べてみて
びっくりするくらい 「まいうー!!!」

こねも簡単だし、
一次発酵なしでもできたりするし、
自分好みにアレンジできるし、
なかなか活用の幅がありそうなベーグル。


そろそろ重い腰をあげて、
「ベーグル強化練習」しようかな。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




2013.12.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ベーグル

何にもできない時はオートミールクッキーで。 12月14日その1

オートミールクッキー1

年の瀬・・・・・

何もないけど、何かと忙しい。(気忙しい?)

わけあって、ちょっとパンを焼く機会がなく
で、いつもバタバタで泣いていた朝なのに、
何も作らないとそれはそれで、何だかさみしい・・・・






オートミールクッキー2

というわけで、
なんてことはない、フツーのオートミールクッキーをば。

しかも芸もなく、またまたタワーにしてみたりなんかして。




オートミールクッキー3

この、チョー雑な成形でも、
しみじみ美味しいクッキーになっちゃって、
作り方なんかも、材料ぐるぐるするだけなのに
ザックリ香ばしいクッキーになる。

このレシピは私のものではなく、
大好きなお菓子の本の中にあり
ずっと大切にしたいレシピなんです。




オートミールクッキー4

朝ムシャムシャ、
午前中疲れたらムシャムシャ、
午後3時にムシャムシャ・・・・

でも今回、足りない材料があって、足りない分オートミールを増やしたら
これがまた違う感じのクッキーになり、
やっぱり配合って、ちょっとしたことでもかなり味や食感に
違いを生むんだな、と実感。




オートミールクッキー5

私の中の
幸せを呼ぶ「定番クッキー」(のひとつ)。



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪







2013.12.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

プチ・クロワッサン 12月7日号その4

プチ・クロと洋ナシデニッシュ1

あんまりすぐにクロワッサンがなくなってしまうので、
「同じ生地量で数をつくるしかない」という結論になり
プチ・クロワッサン作製。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ2

プチ・クロワッサンがうようよっと。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ3

で、ついでにこのデニッシュも。




プチ・クロと洋ナシデニッシュ4

デニッシュ6個のほか、プチ・クロは写っているよりもうちょっと数ありましたg。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ5

底辺4.5cmで高さは9cm。
デニッシュは7.5cm四方。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ6

層はまあまあできました。
でも、数が多かったから天板が満員御礼で
ちょっと焼きが甘かったかな?


プチ・クロと洋ナシデニッシュ

焼きたてはいいんですが、時間がたつと
吸水しているだけに、すぐしっとりになり
あのザクッと感が半減してしまい・・・。
昼までに食べるのが限界かな。

でも、イーストのようにサクサク・ハラハラ路線になるのは
根本的に無理ですからね。
そこが狙いでもないし。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ8

ちょこっと食べたいのにいい大きさでした。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ7

これ、端っこ生地のデニッシュ。
これが一番カリッとできたかも(笑)



プチ・クロと洋ナシデニッシュ9

今回洋ナシデニッシュ。

青いまんまで中がズブズブ発酵してきていた洋ナシと
白ワインでコンポートを作って。

ちょっと成形も変えてみたりして。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ10

ところが、考えてみればカスタードクリームもクリチもなかった。

で、やむなくプロセスチーズ使用。
洋ナシが甘かったせいか、塩気が結構よかったかも。



プチ・クロと洋ナシデニッシュ12

やっぱ何回食べても美味しいよ、クロワッサン。



P.S.「週刊うみこな」12月7日号は4つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母の折り込み

今日のぐるぐるシナモンあんぱん 12月7日その3

お久のぐるぐるシナモンあんぱん1

レシピブログさんの件があったから、というわけではないのですが
(コレです、コレ ⇒ 

冷蔵庫のおくぅ~の方に、こしあんが残っていたのを思い出し、
崩壊寸前のパン種も冷蔵庫の中にあったので、
「どうでもいいから、あんぱん作ろっ!」ってことになったわけです。



お久のぐるぐるシナモンあんぱん2

でも、はなから、
先週の疲れが残っていて「とにかく口に入ればヨシ。」
みたいな作りなので、化粧も飾りもなし、の
じみ~~なぐるぐるシナモンあんぱんのできあがりー。



お久のぐるぐるシナモンあんぱん3

すごい飛び出ているところもあれば、


お久のぐるぐるシナモンあんぱん4

すごい引っ込んでいるところもある。(笑)



お久のぐるぐるシナモンあんぱん5

南のめぐみなので、フワフワより、
しっかりもっちり系。
確かはるブレで作ったこちらとは、(⇒ 
全然違いますねえ。

どんなにしっかりこねたとしても、
ふわっと具合というかもっちり具合はこんなカンジ。

ずっしり食べ応えあります。

夫Yが冷凍した後に「食べたい」とのたまい、
仕方なく禁断の「レンチン」であっためた。

が、これがもちもちホカホカで、味見したら意外と美味しかった。
もしかして、あんまんのあんに、シナモンあんこ詰めたらどうだろか??
とちょっと思いつき 



お久のぐるぐるシナモンあんぱん6

と思ったら、あれ!?

1か所ナインですがぁ~?!



お久のぐるぐるシナモンあんぱん7

食いしん坊のモォーちゃんめ、さすが素早い。



お久のぐるぐるシナモンあんぱん8

ちょっと油断してると、ドロボウちゃんがちぎっているかもしれないので

ご用心。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

カンパーニュ的コンプレ 12月7日その2

カンパーニュ的コンプ1レ


遊びほうけていたら、冷凍庫のストックパンが何にもなくなりまして(笑)
食事パンをつくらねば、とカンパーニュを作ったわけですよ。
(いや、はずですよ。)




カンパーニュ的コンプレ2

ところが、遊びすぎて頭がアホウになったのか、
用意したお粉が
南のめぐみ、石臼引き粉(10%)、スーパーファインハード(10%)。

こね始めてから、

・・・・ん?・・・
ライ麦入ってなーーーーい!!!


と気づいたわけです。
全粒粉しか入ってない。そういうカンパーニュもあります?



カンパーニュ的コンプレ3

まあいいや、ここまできたら、あくまでもカンパーニュ的でいこう。

バヌトンで二次発酵させ、、、、、


カンパーニュ的コンプレ4

さらに、こうなったらヤケクソで、
シニフィアンの「S]に対抗(別に対抗してもかなうわけではないのですが)して
自分の本名のかしら文字「N]のクープで どうだ!!



・・・あれ?・・・でも「N]の字になってない?


カンパーニュ的コンプレ5

今回、焼きはやや甘めに。
でも食べ応えのあるクラストではありましたが。




カンパーニュ的コンプレ6

クラムはこんなカンジが好きです。
むっちりしていて、ムシャムシャ食べられる。
今日はなかなか自分的にちょうどよくいった気が。



カンパーニュ的コンプレ7

全粒粉が苦手な方はダメかもしれませんが、
でも何とも言えない風味と、ねっちりしたライ麦入りのパンとは違うしっとり加減。
ハムとか、肉系が合いそうな骨太なパンです。




カンパーニュ的コンプレ8


フムフム、「けがの功名」とはこのことか。

思いがけず、思ったよりおもしろいパンができた。
「リバー・メモ」にメモっておかなきゃ。



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

「旅」 12月7日号その1

2013、11月の旅1

あかの他人の旅の話を聞いても、特におもしろい事もないとは思うのですが、
一応自分の記録として、そして
めったにない旅行「2連発」の記録として・・・。



2013、11月の旅2

これを見るとどこに行ったか一目瞭然かと思います。

そう、鎌倉。

まずは今の部署での旅行。
毎年1回、前半組・後半組に分かれて旅行に行くんですが、
前半組で鎌倉へGO!



2013、11月の旅3

葉山牛を鉄板焼きで食べちゃったり、
小町通りをくまなく散策したり、
楽しかった~♡



2013、11月の旅4

そして、何より楽しかったのは
行きの電車の中ですよ。

酒好きが自前の酒とおつまみを持参し、
仕事のビジネスマンを横目に
お座敷列車のごとく盛り上がったのでした。

これは課長さん持参のワインの入った「水筒」!
ワイン用の水筒、というか、ワインも入れられる中がコーティングされた
アウトドア用の水筒。(おフランス製らしい!)

20年間使い込んだ風合いが素敵で、
思わずみんなで撮影!





2013、11月の旅5

で、こちらも小淵沢周辺に住む課長さん持参の
日本製ブルーチーズ。
いやー、くせがないのにくせがあって、美味しかったー♡

もちろん、このほか他のメンバーが持ってきた
酒類、おつまみ類で朝から全開!でございました・・・。







2013、11月の旅6

お次は一日おいて、
職場の互助会のバス旅行。

こちらの方が先に予定が決まっていて、
ウリとモォーちゃんに言ってあったので、行かない訳にいかない!

しかも、横浜方面、と行く場所もややかぶってはいましたが・・・。



2013、11月の旅7

もちろん、子ども大興奮のイルカショー。
ジンベイザメまでいるし。


2013、11月の旅8
2013、11月の旅9
2013、11月の旅10

ウミガメ、マンボウ、シロクマ・・・

大人でも楽しい動物や魚がいっぱい。
大喜びの子どもたちを見ていると、
疲れも忘れますね。老体にムチうって頑張りました。


妊娠・出産以来、旅行からは遠ざかっていました。
そろそろ子どもたちも自分で歩けるようになって、
自分のこともそれなりに自分でできるようになって、
「お出かけ」再開でいいかなぁ・・・・

慌ただしい年末前のひとやすみ。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

♪もうどうにも止まらない♪ チーズクッキー 11月30日その3

12月3日のレシピブログさんの「今日のイチオシ」(レシピの方です)で、
このうみこなのレシピが掲載されるそうなんです・・・
いいんですか?!!  レシピブログさん、こんなワタシの「テキトー・レシピ」で!

でも、もし興味がありましたらご覧になって、テキトー・レシピをご賞味あれ。
↓     ↓    ↓
http://www.recipe-blog.jp/






チーズクッキー1

プレゼントしたり、おすそ分けしたモノを「美味しい」と言われるのは
とても嬉しいことなんですが、

「このレシピ教えて!」と言われることが、
私にとってはもっと嬉しいことです。

「よろこんで!」ってカンジ。



チーズクッキー2

なんてことはない、
どこにでもありそうなこのクッキー。

でも、コレ、
息子や娘がぱりぽり食べてくれて、
夫Yが憎らしいくらい(?)ムシャムシャ食べ、
同僚にも「レシピ教えて」と言われた
まったくもって、ごくフツーのクッキー・・・




チーズクッキー3

♪ チーズ・クッキー ♪

A 薄力粉    100g
 粉チーズ    40g
 砂糖      40g
 
B サラダ油    30g(~25g)
C 水       30g

① Aをボールに入れ、泡だて器でグルグル、ダマをサクサク。
② サラダ油を回し入れ、手でもみ込むようにしてそぼろ状に。
③ 水を回し入れ、手早く混ぜ、ちぎっては上から重ね、ちぎっては重ね、
  水分が大体均一になるようにする。
④ のし台の上で③を綿棒で伸ばし、4mmくらいの厚さにする。
⑤ カード等でカットしてフォークでピケし、170℃で約20分焼成。
  若干、きついきつね色にしても香ばしくて美味しいです。

※私は小市民なので大手スーパーさんのお徳用粉チーズを使用しますが、
 「旨味調味料」の味がしますので、
 気になる方はパルミジャーノとか、エダム粉等をお使いください。
※油っぽさが気になる方は、油を控えめにしてください。




チーズクッキー4

やめられない、とまらない、
コーヒーOK、甘めのワインOK、

これからの寒い季節、確実に体の隙間に脂肪としてたくわえられまっす!



P.S.「週刊うみこな」11月30にち号は3つまえの記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪








2013.12.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

楽しい初体験♡ 11月30日その2

丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン1

10月・・・、

オニのように丸パンを作っていたワケは、(⇒
ある方たちにパンづくりを教えてほしいと言われていたんです。

レシピ教えて、というのは言われたことがあっても、
作り方を教えてほしいと言っていただいたのは初めてで、

「えーっ私でいいんですか?!、ド素人なんですが。」
しかも、本職は全くパンづくりとはかけ離れた職業。・・・・

でも、せっかくそう言っていただいたので、自分のできることは
精いっぱいやろう、と。




丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン2

とりあえず、テーブルパンとか食パン、ということだったので、
レシピを固めたり、いつも「テキトーぱん」なんですが
データをとってみたり・・・。



丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン5

よし、これで行こう!となったわけですが・・・・・



丸パンレーズン酵母改良1

実は実際そのお二人にお話をお聞きすると、
会社の命で「売るための」ロールパンを試作しているものの、
ちっとも目指すべきパンにならず、暗中模索、五里霧中とのこと・・・

でも、何回も何回も作り込み、データを取ってらっしゃって
なのに「ここがうまくいかない」、ということだったのです。
私でわかるかなぁ・・・と一瞬不安がよぎったものの、
普段の作り方、e.t.c、e.t.c・・お聞きし、
絡まった糸をほぐすようにだんだん辿っていくと、

最後には、
「もしかして、ここかも!」というポイントが3人で一致してわかりました。
その嬉しさ、その快感・・・(!)

どうにか次へつなげることができました。
(ちょっと安心)



丸パン ホシノVS.レーズン酵母1

私にとってもとても勉強になった今回。

データや数値と、経験値(五感)は、やっぱり「パンづくりの両輪」なんだな、
とあらためて実感。

当たり前といえば当たり前のことが身にしみてわかりました。

Yさん、お母さん、Tさんに感謝です。
ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

チャバッタ 11月30日その1

チャバッタ米粉1

若干更新が遅くなるのは、生活の中で
とてもいい事があったか、悪い事があったかで、
有り難いことに今回は前者です。

いつものように、いつものとおり
ブログがアップできるということは、
淡々といつもの生活が続けられていることであり、

それもまた有り難いことです。


と前置きが長くなりましたが・・・・



チャバッタ米粉2

これは先週焼いたチャバッタ。
久しぶり。


チャバッタ米粉3

キタノカオリ、加水は100%。

まったくもって、名前のとおり、
「スリッパ」大のチャバッタができました。(笑)



チャバッタ米粉4

大分気温が下がってしまい(零下ですね、朝は。)
どうにかこうにか生地が上がりましたよ。



チャバッタ米粉5

内層はかなり詰まっている感あり、ですが。



チャバッタ米粉6

これでも一次発酵終了時の生地の高さはいつもと同じなので、
ほんっと、温度って大事なんですね。当たり前だけど。

これでも、中はもちっもちで、
久々のこの食感。うん、まあいいや。(いつもこれですけどね。)



2013_1126_075045-PB266676.jpg

今回打ち粉を米粉にしてみたんです。
そしたら、このチャバッタの和風な感じに合いますね。
「焼き餅」風で。
小麦粉の打ち粉より好きかも。

そして、なんだか信州名物「おやき」を
この生地でつくったらいいんじゃないかと思えてきました。
包むのかなり大変と思いますけど(笑)。



2013_1123_085044-PB236611.jpg

そんなこんなでバタバタの今週末。
なんとか1記事更新クリア!

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.12.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: