3月29日その6 日曜日失敗マカロン

失敗マカロン1

教えていただいてから、(⇒
1か月以上して
やっと作ったマカロン。

失敗マカロン2

本格的なお菓子を作るには、
案外道具がないことに気づき、
やっと最低限のものを買い足し、
やっと作製。

失敗マカロン3

かなり「腰低」ですが、
ちょびっとピエは出て・・・

と言いたいところですが、

失敗マカロン4

実は写真ではわかりにくいものの
ものすごい、
どデカイ
マカロンで・・・

ダックワーズかっ!!
というくらいのカンジの・・・。

失敗マカロン5

じゃ~ん、
実は失敗マカロンなのでした!

失敗マカロン7
失敗マカロン8

まず失敗の第一は、
もちろん、というか何というか、
「マカロナージュ」のやりすぎ。
ほんの少しだとは思うのですが、
絞る段になって、
「あ、やりすぎた」
とわかり、あとの祭り。

そして、ひょっとすると、
粉糖にコーンスターチ入ってたかなあ?
確認しないでしまったけど、
お教室の時と生地のかんじが違った気が。

そして、
うちのオーブンに付属の天板、
ビミョーに反っているので、
乾燥中、生地が流れる、流れる。
(流れちゃいけないんだけどね)

失敗マカロン9

というわけで、この無様な格好に・・・。

そうよ、あのマカロンを、
そう簡単にできる訳がない!

かるめ焼きにならなかっただけヨシとして、
作って作って作るのみ。
いつもこんな事言ってる気がするけど。

失敗マカロン6

それにしても、
このはさんである紅茶クリーム、
すごーく、すごく美味しいです。
教えていただいたのはアンソレイユさんでした。
(⇒

P.S.「週刊うみこな」3月29日号は6つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2013.03.31 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ハレの日お菓子

3月29日その5 土曜日休日のホットケーキ

パンケーキ1

お休みの日。
いつも朝食はご飯にしている
子どもたちにも、
たまにはパンやホットケーキを作ります。

パンケーキ2

「パンケーキ」って言うのが
イマドキなのかもしれませんが、
私にとっては「ホットケーキ」。

しかも、ホットケーキはやっぱ
森〇、って思っていたので、
酵母のホットケーキがおいしいのは
わかってはいましたけど、
どうもあまり作る気になれず
きていましたが。

でも、酒粕酵母のエキスがまだ少量あって、
パン種がちょっと前のものが
放置状態になっていたので、
なんとか消費してしまおうと
思った次第で。
なんせ、明治生まれの祖父母と
昭和ひとけた生まれの両親と
暮らしていたんで、なかなか捨てられず。
特に食べ物はね。

パンケーキ3

水分と粉1:1にしましたが、
もうちょい水分多くてよかったかな?
生地がなかなかながれず、
真ん中に穴あいてるし。

これにたっぷりのメープルとバター。
体の健康無視の、精神安定優先で(笑)
でも今回は、残っていた「栗のみつ」でした。

あいかわらず、もちん、もちんだなぁ。

♪ホットケーぇキは、ステキ♪(byおかあさんといっしょ)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

3月29日その4 木・金曜日またまたバゲ

シガミックス1

昨年末のバゲ強化練習以来 (⇒ここから連チャン!
だいぶ間があいたバゲット焼き。

クロワッサンも結局
強化練習なしで春に突入してもうた。

シガミックス2

これ、
3本クープに見えるかもしれませんが、
実は4本クープ。
1本開かなかった。
ガオーン!

シガミックス3

オーブン投入時の生地温は
まずまず良かったカンジが。
これが、私の力量の限界ざます。

久々なバゲの割には、
こんなもんでどうでしょう!?

内層は申すまでもありません。
当然、映像カット。

バゲER1

こちらは、翌日
お久しぶりのタイプER。

バゲER2

バゲとクロワッサン。
この二つだけは、どうも私の生活のリズムの中に
組み込むのが難しい。

自家製酵母のパンづくりは、
酵母の発酵のスピードに合わせて
ゆっくりと、
というスタイルが本来なのでしょうが、
私の場合、それやっていると、
パンが焼けない。

だから、酵母に発酵スピードを
こちらの生活パターンに合わせてもらっている。
つまり室温放置ではなく、
何かの方法で温度管理が必要なんです。
しかも、結構厳密に。
だって5分遅れても、
下手したら、仕事に遅刻だから。

で、何℃で何分間、あるいは何時間でいくと、
バゲ焼きが自分の生活に合うのか
データ収集中。

バゲER3

今回、22℃3時間、10℃9時間。
これでは発酵時間短いカンジ。

しかも、最後表面に打ち粉忘れてクープ
入れちゃったら、全く切れてなーい。

1個だけ切れたクープのみ写した
「修正写真」。
内層は「スポンジ状」(笑)
もう撮影すらなし。

と、こんなボロボロのバゲ焼き。
でもめげないゾー!
だって「おうちバゲ」、
絶対食べたいからね。

P.S.「週刊うみこな」は明日も続きまーす!

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

3月29日その3 水曜日プレゼント・ケークサレ

プレゼントケークサレ2

3月。
異動の季節。

この前作っておすそ分けしたケークサレを
気に入ってくれた
私の隣の席のSさん(男性)。
3月いっぱいでうちの課から異動に。

プレゼントケークサレ3

いつもおすそわけすると、
満面の笑みで
「ありがとうございました。
おいしかったっす!」と。

が、
酒粕を焼いて食べて最高にウマイ!と言い、
ゴーヤーの種とわたを焼いて、これまた
「たまらないっす。」
と言っている彼の味覚を信じていいのか!!?

でも、世が世なら「殿」になったらしい彼のこと、
常にポジティブで裏表のなさそうな
正直者なんで、
「おいしかったっす」
にウソはないだろう・・・
(と信じたい)

プレゼントケークサレ1

というわけで、
今晩の酒の友になり、
またまた
「おいしかったっす」と言ってくれそうな
ケークサレをお餞別にチョイス。

Sさん、そうは言っても
いろいろお世話になっちゃったんで、
ま、おひとつどうぞ。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

3月29日その2 火曜日シナモンレーズン食パン

レーズン食パン1

何とも地味~な、
レーズン食パンなんですけど。

レーズン食パン2

レーズン、
外に出ちゃって黒豆みたいだし。

ちょっと焼きすぎたか?
食パンの耳、イマイチ苦手な
私としては、
もう少し色白ちゃんでもいいんだけど。

レーズン食パン3

脳天もこんなカンジで。

レーズン食パン4

とりあえず急いでたんで、
仕方なく手割り~。

レーズン食パン5

実はこれ、シナモンレーズンなんで、
すっごいいい香り。

レーズン食パン6

そして、さらに実は、
お粉が春恋なんですけど、
ちょびっと足りなくて
カスのように残っていたイーグルを入れました・・・

そしたら、
な、な、なーんと
もっちりフワフワな、
今までに食べたことないクラムになってて
ビックリ!

レーズン食パン7

自分で言うのもなんですが、
職場で昼にランチがてら試食し、
あんまりおいしかったんで、
後はみんなに配っちゃった。

レーズン食パン8

というわけで、カット写真なし。

それにしても、
見かけは大事ですが、
見かけじゃない。

こともある、というわけで、
見て、食べて、そして味わって、
初めてこのパンがどうだったのか
わかるんだなぁー。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

3月29日号その1 月曜日プレーンカンパ

フライング更新~!

油脂入りカンパ1

カンパーニュ。
誰にとっても、
何だかある意味
特別な思いを持ってしまう、
パンでは?

油脂入りカンパ2

これを作って、
クープの入れ方、
オーブンそのもの、とか
パックリといかないクープの
理由をいろいろ探してきたものの、

やっぱ発酵なんだな、
発酵。

と実感。

「パンづくりの根幹」
て言いますもんね。

油脂入りカンパ4

これは油脂入り。
初めて油脂入りのハード系を
作りましたが。

油脂入りカンパ5

夜撮影なので、画像は悪し。

油脂入りカンパ6

しっとり、もっちりで
歯切れはよく、
おいしかった。

油脂入りカンパ3

最高のタイミングはいつなのか?

それは作って、作って、作り込むしか
わからない、
生きているもの相手の
創作ですからね。・・・・

P.S.ではまだまだ週末続きまーす!

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

3月23日号その5 日曜日ミルククリームサンド

ミルククリームサンド1

同じ生地で成形をちょっと変えただけ。

ミルククリームサンド2

ミルクフランス風と、

ミルククリームサンド3

ドッグロール(風)。
どちらも白ごま。

ミルククリームサンド4

こちらは、もうちょい、
ほっそりスリムにしたかったけど、
う~ん、これが限界で、
サラブレッドならず、
農耕馬になった、って感じで。
(決して、農耕馬をけなしているわけじゃないんですよ。)

ミルククリームサンド5

練乳とバターで作った
ミルクバタクリーム入り。

ミルククリームサンド7

こっちは今日は何もはさんでいませんが、
例の、(
シャウエッセンぴったりサイズドッグロール。
今回は何挟さもっかなー。

ミルククリームサンド6

ドラえもん、映画館で観てきた後、
子どもたちがむしゃむしゃ食べていました。
こういうのは食べてくれる。

さーて、卒園式も終わって、
でも来週も長時間含めばっちり保育園。
給食ないから、
ベントー作り、がんばるゾー!

P.S.「週刊うみこな」3月23日号は5つ前の記事から始まっています。よろしかったら、そちらからご覧ください。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

3月23日号その4 土曜日ケークサレ

ケークサレ1

これまた久しぶりだなぁ、
酵母のケークサレ。

3、4か月以上ぶり。

ケークサレ4

今日のはハム、きのこ、ブロッコリー等。
なぜ作ったかというと、
白ワイン飲みたかったから。

もちろん、というか、
信州産。

アルプスワイン1

ご存知ですか?
信州ワインが
フランスのAOCみたいに
行政のお墨つき、認定制度の(コチラ
食品のひとつになっているのを。

アルプスワイン2

康夫ちゃん(田中康夫 元知事)
の時にできたんです。
康夫ちゃんらしい。
(ちなみに、康夫ちゃんとはまったく
 知人でも何でもありません。)

ケークサレ2

というわけで、先週から大量に作ってしまった
酒粕酵母。
パンだけでは飽きてしまい、
お久のケークサレで。

ケークサレ5

日本人のせいかなー、
ベーコン使わず比較的あっさりした
洋モノには、
日本のワインが進むよー。

ケークサレ6

4月は息子が年長児になって、
娘は年少児に。

やっと未満児卒業!
(高額の保育料も卒業。バンザイ!)
子育ての小さなひと区切りになります。

長かったような、あっという間だったような・・・。

遊びに行った後、「アレが楽しかったね!」と
お互いいっぱい話ができるようになった事がウレシイ。

ケークサレ3

あいかわらず、酵母のケークサレも
おいしくて、バンザイ!・・・・

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

3月23日その2 金曜日黒ゴマ食パン

黒ゴマ食パン1

久ーしぶりに黒ゴマ食パン。

イーストのパンを焼いていた頃、
よくコレを焼いたっけ。

なぜか最近焼いていなかったのですが、
急に作りたくなって。

黒ゴマ食パン2

お粉は南のめぐみ。

いつもより生地をしめてみた。

うーん、これは伸びたと言っていいのか・・・。

黒ゴマ食パン4

打ち粉が残っていたずら書きのように。
でも、まあ、均等な山になったかな?

黒ゴマ食パン3

翌日撮影のカット面。

黒ゴマ食パン5

これもゴマが均一になるよう、
コネの最後にゴマをいれたんですが、
食べてしまった山の方が、
ちゃんと均一になっていたのに、
撮影したこっちはイマイチで
ショーック!

黒ゴマ食パン6

穴ぼこもあいてますけど、
これにたっぷりマーガリンを塗って
食べるのがイイ。

ほんとはゴマの香ばしさを楽しみつつ、
何もつけずに・・・
なんてお勧めするのが
おサレなのかもしれませんが、

年度末のあわただしさに
ヤラレている身として、
何だかジャンキーな食べ方で
ストレス解消!!

黒ゴマ食パン7
黒ゴマ食パン8

うん、やっぱゴマパンいいな。
ホッとする味。

P.S.「週刊うみこな」、明日も続きまっす!

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

2013.03.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

3月23日その2 木曜日セーグル・フィグ・エ・ノア

セーグル・フィグノア1

大好き(大好きなモノいっぱいだなー)
イチジクとくるみの組み合わせ。

セーグル・フィグノア2

えーと、これカンパじゃないんですよ。
生地はセーグル。(ライ麦)

セーグルかと思うと
何か気合が入らなくて、
(言い訳だけど)クープがかなり遠慮がちに・・・。

セーグル・フィグノア3

で、たぶんほぼ初めて、
底割れというか、腹割れに。

セーグル・フィグノア4

開けそうで開けなーい!
て感じのパンに。

セーグル・フィグノア5
セーグル・フィグノア6

で、上空から見ると
かなり武骨ふうな・・・。

なんでこの成形にしたかというと、
平日に朝ですからね、
6とか8分割にする気力と時間がなかったので。

特に気力かな。
火曜日、水曜日は焼かずに終わってしまった。

セーグル・フィグノア7

夜撮影のカット面。

セーグル・フィグノア8

お~、以前と比べると、
だいぶフィリングが均等に入ってる。

やっぱ、均等に入れようと思ったら、
成形の時に入れたんじゃムリということね。

セーグル・フィグノア10

あー、いちじく大好き。
でも、レーズンも入れてもよかったかも。

セーグル・フィグノア11

こんなパンですが、
自分にとっては
シアワセを運んでくれる、
自分のパンです。

2013.03.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

3月23日号その1 月曜日シナモンロールとシナモンロールちぎり

シナモンロール1

甘いのにしようか、しょっぱいのにしようか、考えた挙句、
甘いのに決定!

いつもの粉量で
マフィン型6個と、
丸型1個がちょうどできるとわかって以来、
ちょっと嬉しい♡

シナモンロール2

これは職場のお友達Kさん用のプレゼント。

今回は「ラフレシア」にならなくて
よかった。      (コレ⇒

シナモンロール3

こっちは子どもたちのおやつと
自分用。

全部食べないとストックパンばかり増えるし、
おすそ分けやプレゼントするには
食べかけみたいなパンを
差し上げるわけにもいかず・・・。

でもこうやって2種類の成型に分ければ
どちらもクリア。
やることは同じで、
型だけ違うものにすればいいから
楽チンだし。

シナモンロール4

今回もフィリングのシナモンは
簡易のシナモンパウダー&グラニュー糖。
これが案外ナイスでね。

でも、粉がイーグルだったせいか、
かみごたえのあるシナモンロールに。

ごめんよ、Kさん。

ところが、
いつも朝焼いて、余ったら夜には
冷凍庫に保存するのに、
今回は忘れた!

で、翌日仕方ないのでそのまま食べたら、
おや!?
美味しいでないかい!

全体にしっとりして、
焼いた日はかみごたえがあったけど、
翌日はサクッと歯切れよく。

お~、自家製酵母パンは
日がたった方が美味しいとは
聞いていたけど、どうも勇気がなくて
冷凍保存にしていましたけどね~。

パンにもよるでしょうけど、
この変化にびっくり!

シナモンロール5

うん、今度、
いつもより長く常温保存してみようっかな。

2013.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

3月16日号その3 日曜日酒粕酵母カンパ

酒粕カンパ1

1週間ぶり以上のパン焼き。
いつ以来かな?プレーンカンパ。

酒粕カンパ2

冬はやっぱり何だかリッチ系ばかりで
久々ハード系。

酒粕カンパ3

私にしてはめずらしく、
結構クープ開いたような・・・。

酒粕カンパ4

以前よりは、
生地のしめ方、
クープの深さ、
ホイロの仕上がり、
オーブンの予熱とか、
モロモロのコツが少し
のみこめてきた気がします。

酒粕カンパ5

が、しかーし!
このクープだけ深さの調整を
し忘れたようで、
開かず、こんなんに。

酒粕カンパ7

内層もこんなカンジで、
まあ、加水は低いので
こんなものでしょう。

酒粕カンパ8

これにクリームチーズ。
そして、
ただのミックスペッパーをガリガリと。

酒粕カンパ9

おつとめ品だったミックスペッパーが
イイ仕事をしています。
シンプルだけれど美味。

酒粕カンパ10

夫Yがホワイトデーに買ってきてくれた
ワインとともに、
日曜日のランチ。

ぽかぽか日和でなんだか
シアワセ♡

酒粕カンパ6

やっぱり基本だなー、
プレーンのカンパーニュ。
これを家でムシャムシャ食べられること、
パンを焼けることに、感謝

さーて今週はガンガン焼こうっかな!

P.S.「週刊うみこな」3月16日号は3つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

2013.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

3月16日号その2 土曜日酒粕酵母つくり

酒粕酵母3

春のせいかな?

1年数か月ぶりに、
酵母エキスも
パン種もなかった1週間。

いちおう気に入った酒粕酵母は仕込み中。

酒粕酵母1

それにしても、これ、
にごっているから
一体どの程度発酵しているのか
見極めが難しく・・・。

上は仕込んだばかり、
酒粕酵母2

こっちは完成して
使用中の酵母。

ね、ちょっと見分けし難い。


年度末で忙しいのもあったのですが、
1週間パンを焼かなかった
というか焼く気が起きなかった
というのも久しぶり。

体が疲れているというより、
この頃なんだか
心がとっても消耗したかんじ。

スカイツリーは楽しくて充電になったけど、
それだけでは足りなかったな。

「眠いけど焼きたい」というより
「焼きたいけど眠りたい」この頃でした。

酒粕酵母3

でも、なんか少しはエネルギーが復活した模様。

来週からはまた焼くゾー!

2013.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 酵母

3月16日号その1 月曜日酒粕酵母ハード系スコーン

ハード系スコーン1

だいぶ放置してしまった
酒粕酵母のパン種。

ハード系スコーン2

久しぶりに
「ハード系スコーン」に。

ハード系スコーン3

いつもより水分量少なめにしたせいか
スコーンらしく
腹割れー。

ハード系スコーン4
勝手に名づけた
「ハード系スコーン」。

砂糖なし。
菜種油使用。
220℃のハード系パン並みの
高温で焼成。

ハード系スコーン5

レーズンだけなのに
ほんのり甘く、
外側カリっと
中しっとりだけど
くるみの香ばしさと
粉の香りが何ともおいしくて
大好きだな~!

ハード系スコーン6

ところで、
酒粕酵母のクラムのサクッと
歯切れの良さは、
わずかだけど、
「米」が入っているせいか?

自家製酵母のスコーンは
レーズン酵母でももちろん美味しいけれど、
酒粕酵母は、食感がサクっと
尚美味しい気が・・・。

ハード系スコーン7

う~ん、酒粕酵母、なかなかやるな。
お菓子にとっても合う予感・・・。

2013.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

3月9日号その4 特別編・3.11

ミルククッペ4パンオレ3もうすぐ3月11日。
2年前の3月11日は、仕事で生まれたばかりの赤ちゃんのおうちに訪問していました。キャラメルマキアート5すごい揺れで、驚いたものの、少し強い地震、程度で帰ってこれました。バイルリュス8まさかその数十分後、生まれたばかりの命を2012_1001_074533-PA010503.jpg見てきたすぐ後に、クロまる5何万人の方が亡くなる大津波や原発の爆発が起こるとは・・・。七五三家族と手をつないで逃げたのに、途中でその手が離れて、自分ひとり助かった方。2012_1109_143215-PB090863.jpg家も、仕事場も、家族もすべてなくされた方。・・・・・・
むらさき芋パン5テレビなどで見るたびに、心が痛くて、痛くて、痛くて・・・。全く知らない方々の、でもそんな人生が2012_1122_074606-PB221020.jpg自分だったらどうなのだろうと、自問自答していました。ケークサレ1そうは考えて、実際には被災地にも行かれない自分。
チーズカンパ4何もできない自分。何もしなければそれはそれで終わってしまう自分・・・。
家族も、友人も、キッシュ4家も仕事も、2012_1206_074737-PC061146.jpg知っている限りの知人、そして自分自身何も変わらなかった3.11.
でも、きっと何かが変わった3.11。練習バゲ6の2被災地の話題がテレビでながされるたび
沸き起こる自問、自答。練習バゲ5の1でもきっと、私にできることは、2012_1223_112728-PC231293.jpg今この環境で、ブリオッシュ10自分に与えられた「仕事」を、2012_1223_130655-PC231300.jpg精一杯やっていくこと。それしかないのでしょう。2012_1231_130226-PC311359.jpg今、ここで。ライ酵母エピ5この時にオートミールクッキー・諏訪湖5でき得る精一杯のこと。フロランタンラスク1
ブリオッシュタルトNo2、1ケロパン5
いちごパン4マカロン8

心からご冥福をお祈りするとともに、
ゆっくりと、でも確かに復興することを
遠くから祈り申し上げます。

2013.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

3月9日号その3 土曜日スカイツリー!

東京1

言わずと知れた、
ココ
に、職場の旅行で行ってきました!

東京2

快晴。
春なので霞んでました、
最高でした!

東京3東京4東京5東京6

ビル、川、街並み。
ガラス床はおしりがムズムズしましたけど。(笑)

東京8

こんなんもしっかり買って、
「限定」には弱い田舎者・・・。
でもいつもどおりおいしかった。

東京7

東京駅に入ってアホウのように
上向いてこれを見ては感動し、

大人も子どももすっごく楽しい1日でした。

2013.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

3月9日号その2 水曜日2段いちごショートケーキ

2段いちごショート1

豪華版。

2段のいちごショートケーキ。

2段いちごショート2

仕上げをモォーちゃんにやってもらったら、
いちごの先端からクリームに突っ込んでしまったので
生クリームがついていたり、
クリームの絞りが欠けてますけど・・・。

2段いちごショート3

お菓子を作り始めたのは、
覚えている限り小学生の頃。

自分の食べたいお菓子は
自分で食べる分には満足できたので、
いままでほとんど(全くではありませんが)習うこともなく
過ぎていましたが、
これだけは習いたいと思っていたモノ。

この前の、マカロン。
そしてジェノワーズとナッペ。

なぜなら、子どもたちの誕生日とクリスマスしか作らない
ケーキ。
私のセンスなしのロールケーキでさえ(⇒
モォーちゃんは「おいちぃー、おいちぃー!」を10回以上連呼してました。
だから、ホントに
「おいちぃ」ケーキが作りたいじゃないですか。

これだけは本を見ただけではいまいち。

なので今回たて続けにこれらを
習えるということで飛びつきました。

2段いちごショート4

この魅惑の2段ショート。
甘いのに軽くて、
あっという間に完食でした。
また作りたーい!

教えていただいたのは
またまたアンソレイユさんです。
続けざまにありがとうございました。
とても勉強になりました♪

(コチラ⇒

2013.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハレの日お菓子

3月9日号その1 月曜日金時食パン

金時食パン1

やっぱり、

なんとなく酒粕酵母には
和モノを合わせてしまう。

金時食パン3

甘なっとう+スライスアーモンド

お粉は、
これもなんとなくプレーンな感じが
いいかな、なんて思って
南のめぐみに。

ワンローフ、
またバタートップにしたい衝動を
抑えて、ただのワンルーフに。

金時食パン2

実はこっちは
何の音沙汰もなく、窯のびなし。

金時食パン4

朝は無理だったので
夜にカット面撮影。

金時食パン5

スライスアーモンドと甘納豆がグルグルに。

金時食パン6

もっと甘納豆を入れたかった衝動を
これまたグっと抑えて
これくらいに。

そうでないと、また成形で泣きをみるので。

金時食パン7

でもおかげで、程よい甘さになって、
おやつに最高でした・・・。

2013.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

3月3日号その4 日曜日やっぱりお雛さま。

おひなさま3

ミニちらし、と、

おひなさま7

ピンククリームのロールケーキ。

おひなさま1

まったく見えないと思いますが、
一応うなぎ入り(もちろん、中国産)。

おひなさま5

それにしても、いやになるくらい
センスのないトッピング。

のせるモノ、なーんにも考えてなかったので
あったモノをのせてみました。

その他料理の映像は省略しますが、
信州名物「山賊焼き」、
(というか、塩尻・松本名物ですね)
刺身山盛り、フライドポテト、とか。

初めてS○○YUさんで
コノ・スルのスパークリング・ロゼを買って
飲んでみました。

おー、なかなかいいではないですか。
ドンペリ・ロゼの、20分の1くらいの
お値段?
家飲みには十分でございました。

おひなさま8

子どもたちが喜んでくれるのが、何より。
っていうか、お刺身ばかりバクバク食べてたけど(笑)。

平和な早春の行事・・・。


P.S.お雛まつりで力尽き、今週はここまでになります。が、「週刊うみこな」は4つ前の記事から始まっていますので、よろしかったらそちらからご覧ください。



2013.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハレの日お菓子

3月3日号その3 木曜日抹茶バタートップ

抹茶バタートップ6

酒粕酵母第2弾

抹茶バタートップ1

酒粕なんで、やっぱり和モノ
が合うかな、なんて思って
抹茶+甘納豆で。

ワンローフ、
そしてなぜかバタートップ。

抹茶バタートップ3

お粉はキタノカオリ。

抹茶バタートップ4

実はこれ、
食パン生地じゃないんです。

バターは食パンの倍くらい入っていて
さらにバタートップにしてみました。
だから、3倍くらいバター入ってます。

抹茶バタートップ5

食パン生地を菓子パンに使ったら
イマイチでしたが、
リッチめな菓子パン生地を
食パン型に入れたらおいしかったです。

まあ、そりゃあ、
ブリオッシュプルマンとか、
折り込み系の生地のお山とかあるので、
当たり前ですね。

抹茶バタートップ7

それにしても、また雪!
いいかげんにして~!

でもこの抹茶バタートップ、
結構イケて、自分的ヒット。
むしゃむしゃ食べて、
雪かき頑張った!

2013.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 甘い自家製酵母パン

3月3日号その2 火曜日スコーン・バー

スコーンバー1

最後の黒豆酵母。
(教えていただいたnaonaoさんはコチラ→

黒豆さんもいい酵母でした。
楽しませてもらいましたが、
パン種作ってから日がたったので、
最後はコレ。

スコーンバー2

いつも四角いスコーンばっかりなので、
少し気分を変えて。

スコーンバー3

バー状にした、
スコーン・バー

スコーンバー4

そんな言葉があるかどうかわかりませんが、
とりあえずつくってみました。

くるみとチョコチップの、
フツーの味。

スコーンバー5

うん、でも持った感じがちがって、
これもまた楽し。

もはやこれはスコーンではなく、
別のお菓子かもしれませんけどね(笑い)

スコーンバー6

でも、なんかいいカンジです。
気分も変わって。

おためしあれ。

2013.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

3月3日号その1 月曜日酒粕酵母のプチパン

酒粕プチパン1

この1年以上、99%(?)レーズン酵母だったので、
実は、いまさらですが、
酒粕酵母

たまたま大吟醸の酒粕が
スーパーにあったので。

大吟醸だからっていいのかどうかわかりませんが。

酒粕プチパン2

でもよく見ると、
このプチパン、
クープとまったく関係ないトコが
割れてまして・・・。

酒粕プチパン3

はちみつが少し入って、
油脂なしのプチパン。

酒粕プチパン4

もともとエキスが濁っているので、
澱がよくわからず、
できあがりかどうかの判断が難しかった。

パン種の1日目、なかなか膨らんでこないので、
「まずい」と思ったものの
2日目はフツーに上がってきたので
よかったー。

酒粕プチパン6

最近ナイフでカットしていられず、
また手割りで。

パン種は酒粕の香りがしたけれど、
パンになると、ほんのかすかに・・・。

酒粕プチパン5

うん、なかなかいいかも。
とりあえず、いろいろ作れそうな予感・・・。

2013.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: