10月27日号 その5番外編「今月の一品」

 「今月の一品」は、パンではなく、身の回りにある愛すべき「モノ」をご紹介します。

2012_1027_081709-PA270699.jpg

 この削りっぱなしの木のバターナイフは、かれこれ10年以上前に蓼科方面のハーブのお店で購入したもの。
 一目見て絶対ほしくなり、即買いしました。

 以来、バターをすくっては、洗わず拭くだけ。無垢の木がいつの間にかこのようにてかって、年季がはいってきました。

2012_1027_081811-PA270703.jpg

 桜の木。この木の皮が少しついているところが気に入っていて、水につけると反り返ってきてしまうから、やっぱり洗わないほうが。

2012_1027_081936-PA270706.jpg
 
 このバターナイフでバターすくって、自家製酵母のパン食べて・・・。
 慌ただしい、ほんの10分の仕事の合間のランチでも、なんだか贅沢な、心の底からほーっとできるひとときに・・・。

P.S.10月27日号は5つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

スポンサーサイト

2012.10.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 今月の一品

10月27日号その5 青トマトと休日

青トマト・休日1

 このゴロゴロした緑の物体。

 これ、青プチトマト。

青トマト・休日2

 いよいよプチトマトも終わりの季節。なのに、実だけはたわわにつけています。でも、もう赤くならない。ろくに肥料もあげていない畑の土で、よくもこんなに実れるものだと関心しています。
 
 写真のはごく一部。

青トマト・休日4

 こんな感じの房が、何十となく枝についています。すごい生命力。

 夏収穫した赤いトマトと同じくらいの量を収穫できました。


 これをピクルスにします。
 初めて青トマトのカレーピクルスを食べた時、これはナイス!と思って、以来青トマトのピクルスを作るのが楽しみに。

青トマト・休日8

 これ、はっきり言って普段そんなに食べる気しないんですけど、カレーの時ラッキョウのごとく一緒に食べると、カレーが進む、進む。

 今年はオリーブオイルとニンニクを入れてみたりしようかなあ。
 薄切りにしてハンバーガーにはさんでもいいかなあ。

 またもや自然の恵みでおいしい食卓。

青トマト・休日6

 あ、そして今回の休日は、「技能五輪」。
技能五輪って、50年くらい前から始まっていたのをご存じでしたか?私は全然知らず、恥ずかしながら、あまり関心も高くなかったんですが、ちょうど職場の真ん前が会場になったこともあり、急に盛り上がりました。
 熟練の方たちの大会なのかと思いきや、23歳未満の若い方たちの大会。日本の未来も暗いことばかりじゃない、と確信しました。

 そして、このラーメンは何、というと、1つしか写真に撮れませんでしたが(食べるのに忙しくて)、イベントホールで行われていた信州ラーメン合戦のひとつ。
 ラーメンは「日本そば」として、日本で進化しているんですね。パンもしかり。

 日本人の技術や根気や意欲って、大地から芽吹く植物や、いつまでも枯れない青トマトのように、必ずたくましく育つ。

 

2012.10.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

10月27日号その4 

クランベリー・ノア1

 大好きなセーグルを焼きました。「クランベリー&くるみ」。王道。くるみのカリコリと、クランベリーの甘酸っぱさのハーモニーがなんとも!

クランベリー・ノア2

 あいかわらずクープが「開がぜてぐれ~!」と叫んでますが。

クランベリー・ノア4
クランベリー・ノア5

 気にせず、ランチで消費。
 文句なしの組み合わせですね。

P.S.週刊うみこな 10月27日号は明日も続きまーす!

2012.10.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

10月27日その3 水曜日・木曜日食パンまつり

パンドミ2

 初めてハード系の食パンを焼いてみた。
イーグル+南のめぐみ 加水酵母エキス+水 90%

もーっちりして、クラストのひきがつよい感じに。

パンドミ3

 これはパン種で作ったパン・ド・ミ。
 いつも大して窯のびしないけど、今日のよいところはですね・・・

パンドミ4

 どちら側もほぼ均等にのびた!!
パンドミ6

 表面が荒れ々なのはご勘弁を。成形後、型に入れる時表面がべタベタ手にくっついちゃったんですよね~。
パンドミ5

 平日焼いたから、カット面は写真ナーシ。

 なんか時々、むっちりどっしりした食パンをおもいっきり厚切りにして、ベッタベタにバター塗って食べたくなることがあるんですよね。

 今回は、ちょっと贅沢しちゃってこれですよ、コレ。
2012_1027_082211-PA270712.jpg

 食べかけをWeb上に流すな、という感じですが、このバター、かれこれ十年以上前に食べた時は感動したなぁ~。
十年?十数年?前、籠に入った200g?(150g?)のこのバターが1600円だったんですが、今は一体おいくら?こわくて調べてもいませんけど。

2012_1027_082005-PA270707.jpg

 この半年間頑張った自分へのプレゼントに、久々に思い切って‘小さいサイズ‘・・・(全くもって思い切ってませんが)買ってみた。

2012_1027_082037-PA270709.jpg

 あ~、おいしいなぁ。どっしり食パンと発酵バター、それだけの組み合わせ・・・。

2012.10.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

10月27日号その2 火曜日チキン&くるみマスタード・エピ

エピ3

 エピ。
 大好きなパンは数あれど、エピはほんと20歳前後のハード系のパンを初めて知った頃から大好き。
穂の先が上あごに刺さりそうだけどね(笑)。

エピ1

 自分的にはちょっと膨らめすぎたかな、と思ったけどまあまあか・・・。
リスドオル+スーパーファインハード20%混ぜてみたバゲット生地。加水、えーと70だか75%。今回は固め。

エピ2

 もちろんベーコン入りが好きですが、この間Sせんせいのお教室の帰りにまたショッピングモールに寄ってみたんです。目的は、この辺では見かけない菜種油を求めて。都会の方には信じがたいかもしれませんが、少なくともウチのまわりのお店にはありません!
エピ5

 結局ショッピングモールにもなかったんですが、そこは一応母体が百貨店。生鮮食品売り場に、やはりウチの辺では見かけないモノが数々・・・。
 
 「クロテッドクリーム・ブランデー」とか、「デボラクリーム(?)」だっけ?とか、かんずり、顆粒みそ、カシスマスタード・・・etc。しかもカスピ海ヨーグルトやケフィアの種菌もあり。通販で買わなくてもよいのね。

 エピ6

 とりあえず一番使えそうだったのが、「くるみマスタード」。ようするにくるみのペーストとマスタードが混ぜてあるんですけど、これをみた瞬間、「そうだ、チキンと一緒にエピにしてみたらどうかな?」なんて思いまして。

 蒸したとりムネ肉に塩コショウをたっぷりめにかけ、くるみマスタードと一緒に巻き巻き。

エピ7

 ベーコンエピほどのパンチはなく改良の余地ありだけそ、うーん、やっぱ自家製酵母のバゲット生地、
おいしいなあ。

 また作ってみよう・・・。

2012.10.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

10月27日号その1 月曜日「クロまる」     

クロまる1

 ダメだ~、苦手だ~、と言いながらなぜかまたベーグル。
 粉は春恋。

クロまる2

 これはチョコ好きの長男ウリ坊が名付けた「クロまる」。
ようするにチョコ入りのココアベーグルなんですけど。
モリモリ食べてくれるとやっぱり嬉しくて、若干時間があるときには作ります。

 勝手に姉妹品にしている「チョコまる」というのもあって、それはnofuriruさんのところに出ているチョコパンの、名前のみ拝借しています。(すみません、あいかわらずリンクはったり、トラックバックもよくわからなくて。よろしかったらそちらに訪問してみてください。)

クロまる4

 めずらしくカット写真。

クロまる5

 並べてみたり~、

クロまる6

 いびつすぎてベーグルタワーはムリだけど、カットしてみたらタワーできたぁ~。

2012.10.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

10月21日号その7 日曜日悲劇の抹茶ガトー

2012_1021_151723-PA210665.jpg

 S先生から頂いた栗の渋皮煮♡
 何にしようかな~、とルンルン(古い?)し、やっぱ「抹茶ガトー」かな、オーソドックスに。

 2012_1020_062234-PA200630.jpg

 これはしっとりどっしりするよう準強力粉を使い、残っていた渋皮煮もどきと渋皮煮大サービスの十数個、抹茶とホワイトチョコレート等々。
 
 抹茶とホワイトチョコレートの組み合わせのこのレシピを考えた時、これはいいぞいいぞ、と一人ほくそえんでいたら、とある本に抹茶とホワイトチョコレートの組み合わせのレシピがのっていて、なーんだ、別に私の新発見じゃなかったのね、とちょっとがっかり、そしてまるで大発見したかのように思っていた自分に赤面。

 でも、今回の抹茶ガトー、いつもくすんでしまう緑色がちゃんと出て、なかなかうまくいったかな・・・・

 と、ところが、悲劇はこの後起こりました・・・

 衝撃写真まで


 5,4,3,2,1、・・・・・










2012_1021_151906-PA210668.jpg
2012_1021_151906-PA210668.jpg

2012_1021_151854-PA210667.jpg


 うっそぉ~!!!

 焼きあがった生地を型から出すとき、あれ?離れないな、と思って持ち上げた瞬間ドサっと落ちた・・・
唖然として言葉も出ず、かき集めてしばらくラップに包んだもの元に戻るはずもなく。

 アーあんなにいっぱい渋皮煮入れたのに~

2012_1021_152334-PA210672.jpg

 泣きながら、とりあえずカット面を撮影。

2012_1021_152341-PA210673.jpg

 わかるかなぁ、栗いっぱいなんだけど。

2012_1021_152355-PA210674.jpg

 しつこいようだけど、わかるかなぁ・・・

2012_1021_152406-PA210675.jpg

 でも、酵母に栗に抹茶にホワイトチョコレート、味は悪いはずもなく、涙流しながら食べましたよぉ~、先生。

 まだまだたくさん渋皮煮あるから、また作ろうっと。



P.S.ここからご覧の方は、10月21日号は7つ前の記事から始まっていますので、よろしかったらそちらからご覧ください。

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハレの日お菓子

10月21日号その6 土曜日家でのパン・オ・ヴァン

2012_1020_064543-PA200635.jpg

 家で焼いたパン・オ・ヴァン。
挑戦的に、苦手なベーグルで。

2012_1020_085926-PA200637.jpg

 が、しかし、これはまだましな方で、

2012_1020_090021-PA200641.jpg
 
 これは穴ナシ!

2012_1020_090119-PA200648.jpg

 これにいたっては、一体何の土器!?

 うーん、やっぱり悩ましきベーグル・・・

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ベーグル

10月21日号その5 金曜日お教室・パンオヴァン

2012_1019_125619-PA190627.jpg

 今日はS先生のお教室の日。
 パン・オ・ヴァンでした。そして同じ生地からレーズンパンとベーグルを作ります。

 ピンクのテーブル、素敵ですね。パン・オ・ヴァンに似合ってます。

2012_1019_125113-PA190622.jpg

 これはランチの一部。
 先生のランチは、いつも自家製のお野菜がたっぷりでーす。

2012_1019_125033-PA190620.jpg

 これはランチ用の、先生作のベーグル。

2012_1019_125202-PA190623.jpg

 こちらの、あまりお見せしたくないやや悲惨な成形のパンは私作・・・。
 のせてある籐かご(これも先生作!)がとても良いので少しまともに見える気もしますが・・・。

2012_1019_125612-PA190626.jpg

 根菜のグラタン。この季節おいしいですよね♡   


 そして帰りには、ジャジャジャ~ン!!

2012_1021_151723-PA210665.jpg
 
 使った後撮影したので減ってますが、あの、あのあの夢にまで見た(?)栗の渋皮煮1瓶!!!
 先生がくださったんですぅ~。
え~っっ先生ホントにいいんですか?と、何回も確認してしまいました、しっかりと瓶を抱きしめながら。

 そのうえ、クリームチーズ2個と自家製さつま芋もいただいてしまい、先生お教室代安すぎですよ。

 でもでも、本当にありがとうございました。
 こんな楽しいお教室は・・・

 松本市 おうちパン教室 BROWNさんです。
 ワザがなくてリンクがはれないので、興味を持たれた方は是非ご覧ください。

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ベーグル

10月21日号その4 畑・自然の恵み

2012_1020_105712-PA200653.jpg

 これ何だかわかりますか?

2012_1020_105831-PA200655.jpg

 実は3年越しで今年初めて実った ヘーゼルナッツ

 そして、これはものすごくたわわに実った、ナツメ。リンゴのような、何ともジューシーな実。
小学校の頃、よくこれを取りながら帰ったなぁ。

2012_1020_105622-PA200649.jpg
2012_1020_105633-PA200650.jpg

 そして、一応信州でも甘柿がなるんですよ。今年は豊作の年で、100個くらい取ってもまだこれくらい残っている。

2012_1020_111025-PA200660.jpg

 毎年のごとくキウイフルーツも絶好調。

 3度のメシより果物が大好きな子どもたちは、取りながら食べ放題で「楽園」状態でした。

 10月も下旬なのにプチトマトも・・・

2012_1020_111056-PA200661.jpg
2012_1021_151621-PA210663.jpg

 「自然の恵み」ってありきたりな言葉のように感じていましたが、こんなに、食べきれないくらいおいしい果物や、 そして野菜を恵んでくれるなんて、本当に神様ありがとう。太陽と大地と雨の恵みに感謝。 

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

10月21日号その3 火曜日黄金トリオ・ヨーグルトライ

2012_1001_074555-PA010505.jpg

 またもや季節はずれな感じですが、いただいたバジルをフル活用で、生葉やペーストがたくさんあるうちに作りました。

 今回は大量にとれたプチトマトの半干しも入れて・・・

2012_1001_074611-PA010506.jpg
2012_1001_074717-PA010507.jpg

 カットすると割とうまいこと層になっていて。
2012_1001_074835-PA010513.jpg
2012_1001_074821-PA010512.jpg

 トマトの水分が多かったので、ライ麦のねっちりがさらにねっちりして、フレッシュ野菜をたくさんのせたピザのよ
うなかんじ・・・。
2012_1001_074809-PA010511.jpg
2012_1001_074740-PA010509.jpg

 でもそのトマトの水分のためか、ホイロがやや長かったためか、だれて底面がピーッと一直線に・・・。

2012_1001_074543-PA010504.jpg

 それにしても、トマト、バジル、チーズって文句なしの黄金トリオだなぁ。ワインのおともにこれ以上のものナシ。
 バジルをくださった職場のKさんと、畑に感謝!

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

10月21日号その2 月曜日大豊作記念コーンパン

2012_1011_080523-PA110548.jpg

 コーンのカンパーニュ。
 南のめぐみとスーパーファインハード、ライ麦。チーズ入り。
 コーンはうちの畑でとれたもの。

2012_1011_080415-PA110542.jpg

 何だかキュートなお尻となりました。

 今年、バカみたいに肥料をまいたせいで、大豊作。夫Yが好きだから、これでもかと種まいたのですが、
 1回あたり50本もとれて、5人家族(うち大人は3人)でどうやって消費すんの。
 職場に持って行ったり、もちろん冷凍し、なんとか保管できる程度にまで消費しましたけど。

2012_1011_080624-PA110554.jpg2012_1011_080544-PA110550.jpg

 スーパーファインハード入れるとなんかしっとり。(とうもろこしの水分?)とりあえず、まあまあのカンパでした。

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

10月21日号その1 日曜日渋皮煮もどきでどうだ!

2012_1012_075124-PA120572.jpg
 
 10月13日号その6で登場した栗の渋皮煮もどきは、セーグル・マロン&ノアになりましたぁ。
 が、実はマロンロールにするつもりだったのに、なぜかこね出した生地がセーグルで、あれれ?
 何やってんでしょ、私。・・・と思ったんですが、まあ週末にもなると頭がパアになるので仕方ない。とりあえずセーグル好きだから、そのまま作ってみました。
2012_1012_075130-PA120573.jpg
 
 くるみを入れたのは、なにしろ栗がぐずぐずですからね、歯ごたえのあるモノを入れてみるか、と。

2012_1012_053914-PA120566.jpg

 ありがたみも何もなく、思いっきり生地に巻き込んでみました。
2012_1012_075144-PA120574.jpg

 ク、ク、クープが「もう少しひらかせろぉー!」と言っているような・・・。
2012_1013_053241-PA130582.jpg

カットして翌日写したのでしょぼしょぼですが、あんなに入れたはずのフィリングは案外たくさんに見えず。
2012_1013_053227-PA130581.jpg
 でも一応端っこの端っこまではいっていました。

2012_1012_075235-PA120579.jpg

栗が素朴さと、クルミのコリコリ感がライ麦とあっていて、なかなかでした。
純粋に栗のじんわりした味を味わいたい方は栗だけでもいいかもしれませんね。

2012.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

10月13日号その6 日曜日栗の渋皮煮もどき

栗の渋皮煮1

 この茶色の物体は何でしょう?・・・

栗の渋皮煮2

 ほうら、なんとなくわかります?

 素敵な皆さんはこの季節栗の渋皮煮を作るかと思いますが、わたしはちょっとムリなんです。

 リンゴ直売所に行ったとき、長男ウリ坊が目を輝かせて「これ買って!」と生栗を一袋指差したんです。
 ムリ、と思ったんですが、いたいけない子どもの願いをむやみに却下してはいけないと一応買ったんですが、
ひとふくろの皮をむくのに2週間かかりましたっ!

 ムリです、フルで働いて子どもの世話をして畑の手入れをしてパンを焼いている身としては。
(これは決して、栗の渋皮煮を作っている方がヒマだったり、楽をしている、という意味ではありませんよ。本当に。)

 でも、コンチクショウと思いながら栗の皮をむきつつ、ふと思ったんです。
・・・なるべく渋皮を取るようにむいていたんですけど、渋皮がついたりついていなかったり、形があったり粉になっていたりしても、これでとりあえず煮てみちゃあどうかと・・・。

 そしてこのクズのような栗を煮ること数時間。(煮こぼしてもいません。一応砂糖は入れました。)最後にラム酒も入れてみたりなんかして、とりあえず味だけはそれっぽいモノができたような・・・。渋皮も固さとかが気になることもなく、意外と食べられるかも。

栗の渋皮煮3

 あとでテレビで見たんですが、栗の渋皮って1個分につき、ワイン1本分くらいのポリフェノールがあるんですって。
 そうか、じゃああんまり必死に取ろうしなくてもよかったかも。

 さてさて、この「栗の渋皮煮もどき」で何ができたでしょう!?

 それはまたこの次。


P.S.ここからご覧の方は、10月13日号は6つ前の記事から始まっています。よろしかったらそちらからご覧ください。

2012.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

10月13日号その5 土曜日「大学芋」という名のパン

大学芋1

 これは、名前だけが決まっているパンの試作。

 その名も「大学芋」。

大学芋5

 ものすごい勢いで作ったので、黒ゴマが偏り、そしてクープは「鈍」な感じはご愛嬌で。

 これはW先生のところで教えていただいた「サツマーニュ」をまず第一段階として、
食べた時、おおー大学芋だぁ~と思えるようなパンが作りたくて、
試作の試作です。
 さて、これからレシピをどんな風にしていこうかな?(ワクワク)

大学芋2
大学芋4

 これ自体は素朴なおいもパン。悪くはないんです。
一次発酵の時から過発酵気味にいっていたので、「あれ?リスドォルってこんなにフワっとするんだっけ?」
というくらいふくらみましたけどね。

大学芋6

 また「大学芋」に近づくために、試作を重ねる予定・・・。

2012.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

10月13日号その4 快心のバジルリュスティック 

バイルリュス8

 わたしの大好物は数々ありますが、バジルは毎日食べたい!くらい大好き。
 ちょっと季節はずれ感がありますが、9月末まで結構あったかいというか、暑かったので、職場の方からお店で売れるくらい立派なバジルをたくさん頂いてしまいました。

バジルリュス3

 うーん、何に使おうかなぁ・・・パスタやペーストにするのはもちろんだけど、やっぱパンにもしてみよう!

バジルリュス1

 久々にリュスを作って、しかも生葉を入れようと思ったものの、リスドォル+加水90%のリュス生地にてんこ盛りのバジルとチーズを混ぜ込む自信はなく、結局普通のリュス生地に混ぜ込んでみました。

バイルリュス7 これがですねぇ、朝バタバタしていて余熱をかなり長くやってしまったおかげで、今までになく、口が切れそうなくらい「固ウマ」なクラストになり、クラムはしっとりとバジルがプンプン香る、
わたしにとってはチョー大好きなパンになりました。
バイルリュス10 

 以前からどうも「節電」が頭にあって、予熱もどうしても控えめになっていましたが、やっぱりガッツリ予熱しないとダメなのね。

バイルリュス9

 半干しトマトがあるからまたやってみようっと。


 


2012.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

10月13日号その3 愛するみそパン

みそパン2

 だいぶカックンなプルマンですが、これは「みそパン」。黒豆入りです。甘さあっさりにして炊いた黒豆。
お正月の残りを入れても作れるかもしれません。
 黒豆のプルマンの他にちぎりパンバージョンもあります。

わたしの大切なレシピです。どのパンのレシピも大切ですが、
なぜこれがそんなに大切かと言うと・・・

みそパン1

 常々、自分が住んでいるこの土地の味と、パンを結びつけることができないかと考えていたんです。

 自分が育って生活している、この同じ土地で育って、つくられたモノ・・・

みそパン3

 ここはですね、諏訪大社のお膝元。酒蔵が何軒もあるのと同時にお味噌屋さんも何軒かあります。
 町おこしで「みそ天丼」(リンクのさせ方がわからないので、興味のある方「みそ天丼」で検索してみてください。)を作ったりしていますが、それでパンにみそはどうだろう?!・・・。味噌を使ったパンはすでにあるかと思いますが、わたしのみそパンを作ってみよう、と。

みそパン4

 明るいところで写すとアラが見えてしまいますが、大豆のせいかしっとり、そしてねっちりした食感がなんともクセになります。もともと蒸しパンのレシピを参考にしたのでそこから想像してみてください。フワっと香るみその香りは好みがあるかもしれませんけれど。

 こんな風に自分の身近にある何かとパンを組み合わせて、おいしいパンが作りたいんです。

2012.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

10月13日号その2 水曜日横向きにしかなれないバゲット

横向きバゲット1
タイプER+加水78%

 えーと、たまにはバゲット焼くんですが、修行の修行中のため上から撮影できるバゲットはできません(苦笑)

横向きバゲット
 
まずは、温度管理でついうっかり?生地温が高めになってしまうのと、もうちょっとかな、と思い気持ち時間が長すぎて生地がだれちゃうので、なんだかナマコみたいに平べったいバゲットになってしまう・・・・

 時間が長いって、他の生地ならそれほど影響でない程度と思うのですがバゲットはそのちょっとの過発酵が如実に出来上がりにでるんですね。

横向きバゲット

クープはこんなんだし。

2012_0923_104638-P9230463.jpg

 めずらしくカット写真。
ほら、切り口楕円だもの。

2012_0923_104630-P9230462.jpg

でも、気泡はわりとイイ感じにはいっているような・・・。

横向きバゲット

こうみえても味はそれなりにまあまあでしたよ。
今の私にはこれが限界。

 でも、タイプERっておいしい粉なんですね。あんまり使ったことなかったんですけど。

(ちなみにこの数日後、長女モォーちゃんが粉を保存している部屋に入り込み、まだ2KgあったタイプERの入れ物をひっくり返し、中身を全てぶちまけ、私にこっぴどく怒られたのでした。エ~ン、もっとバゲ修行したかったのにぃ。)

2012.10.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

10月13日号その1 火曜日私の自家製酵母

わたしの自家製酵母1

 私の酵母は99%レーズンです。
春に何回かいちご酵母でいちごパンを作りましたが、それ以外全部レーズンです。

わたしの自家製酵母3

このシュワシュワを見ていると、「生きているんだなぁ~」ってうれしくなります。だって、干しブドウと家の水道水から酵母が育っておいしいパンができるなんて!!

私の自家製酵母4
わたしの自家製酵母6

 自家製酵母を始めた頃は、いろいろな果物に心惹かれてためしてみたものの、うまくいかなかったりして凹んだものでした。だから、とにかくレーズンで確実に作れるようにしようと心に決めて一筋でやってみました。

わたしの自家製酵母2

 エキスは代継ぎしていますが、パン種はその時のエキスだけで使い切りです。
 エキスは夏なら2日でできたり、冬は3日くらいでした。

2012_1013_053637-PA130583.jpg
 
 これはふくらみ始めたパン種。条件がいいと24時間で完成します。冬でも1日半くらいですかね。冷蔵室の中に入れてもかなり膨らみます。

 なぜこれが、こんなにもワクワクさせるんでしょう?・・・そのことについては、またいつか。

2012.10.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 酵母

10月7日号その5 お教室・焼きカレーパン

焼きカレーパン1

久ぶりの教室だったんです。初夏からこの夏ずーっと忙しくて、なんかパン焼きとワイン飲んでるほんのわずかの時間以外、ずっと仕事のことか子どもたちのことかもろもろ悩み事について考えていて、芯からリラックスできるまとまった時間がなかったんです。

久々に会う人には「やせた」と言われ、確かに大した重さでないにしろ若干やせたし、夕飯はビールでも飲まないと全然食べる気がせず。ちょっとこれは不健康。

焼きカレーパン2

やっと秋風を感じるころになって休みがとれそうだったのでパン教室に行きました。そう、その3で書いたパンオレ。S先生のお教室は、一つの生地で2種類のパンを作るとてもお得感あるお教室。もちろんレッスンランチもあり。

焼きカレーパン3

パンオレに惚れたのでそっちがメインに写ってますけど、焼きカレーパンもおいしかった!揚げ物大好きなんだけど、とにかく健診結果が気になるお年頃。揚げない焼きカレーパンが作りたかった。

久々の「包みもの」でちょっと苦戦したけど、何とか大爆発せず焼きあがりました。今日は生徒さんのキャンセルがあり、先生とマンツーマン。作って、いろいろ話して、食べてまた話して。楽しいひとときでした♡

しかも時間があったので先生の家の近くの大型ショッピングモールでウインドウショッピングもしちゃって、ほんとにほんとに何か月ぶりかに自分の時間を満喫しました。

先生ありがとう!

P.S.ここからお読みの方は、10月7日号は5つ前の記事から始まっていますので、よろしかったらそちらから
    お読みください。

2012.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食事パン自家製酵母

10月7日号その4 

キャラメルマキアート5

これはパン種づかいの焼き菓子。いくつかバリエーションがあります。
今日のは職場ミーティングがあるので同僚のみんなのために。

その名も「キャラメルマキアート」。

キャラメルマキアート6
キャラメルマキアート4

この日のはですねえ、水分が多すぎたんです。
「蒸しパンですか?」って言われてしまった・・・
まあ、味は悪くないんですよ。

キャラメルマキアート2

香りからして甘いのかな?って思ったところが、コーヒーがいい仕事していて思いのほか甘く感じないんです。
フードプロセッサーで混ぜてしまうので簡単だし、あと室温に放置して朝焼くだけ。

キャラメルマキアート3

しっとり酵母菓子、大好きです。

2012.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お菓子

10月7日号その3 土曜日パンオレ考

パンオレ3
パンオレ1

 ずーっと作りたかったパンオレ。
 やっとS先生のところで習うことができました。

パンオレ2

なにがいいって、このトゲトゲと、コロンとしたフォルムがかわいい。

パンオレ7

あっちからも・・・

パンオレ8

こっちからも・・・

パンオレ6

これはよこカット
あっちからも・・・

パンオレ5
 
こっちからも・・・(しつこい!)
牛乳こねだからむっちりしていて、イーストパンより噛みごたえがありますね。

パンオレ4

両者そろい踏み。右のたてカットは「恐竜」。左のよこカットは「はりねずみ」。どっちがいい?と子どもたちに聞くと「恐竜!」「はりねずみ!」と走ってきて、パクパク食べてくれます。


 

2012.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自家製酵母パン

10月7日号その2 金曜日大好きなビスケ

大好きなビスケ
大好きなビスケ2
大好きなビスケ4

 パン種が古くなりつつあったり、余っているんだけどここ2日間くらいはパン作れないなぁという時はお菓子に使います。みなさんやっているかと思いますが。
 
 今日のこれは1番か2番に大好きなビスケット。本当はバターを使うんですが、大体仕事の合間のおやつでちびちび
毎日食べるから、菜種油にかえているんです。菜種油の味わいもなかなか。でもプレゼント用とか、万人うけ狙い(?)の時はバターにしますけど。

 毎日食べるものって、とっても大事。酵母でつくって質の普段使っているのよりちょっぴりいい油使って(カロリーは変わりませんけどね)、そんな手作りお菓子を食べているとそれだけでもなんかシアワセ~。

 今日のコレはチョコ好きの長男ウリ坊のためにチョコがけしましたけど、私としてはプレーンがお気に入りです。

2012.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 毎日お菓子

10月7日号その1 木曜日やり直し

パックリ2の4
ぱっくり2の3
パックリ2の1
パックリ2の2

 
 「週刊」と言っておきながら隔週、へたをすると「月刊」になってしまうところでした。

 とりあえず初めてのブログの写真ににしては淋しいモノだったので、パックりいかないカンパの写真を保存しなおし ました。

 どんなものでしょう?!



2012.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハード系自家製酵母パン

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: