さて?今年のクリスマス菓子や如何に?! 11月2日その3

クッキーパン1

ついに11月。

昨年は仕事でばたばたしていたので、
かろうじてクリスマスはできたものの、(⇒
シュトーレンはもちろん、パネトーネもクグロフも何もかも全然作れずじまい。

で、シュトーレンはたぶんムリなので(というか、はなから作る気力なし)、
せめてそれっぽいお菓子を模索中、いいもの発見!


クッキーパン7

「クッキー・パン」

ノエル・パンともいうのかな?
簡単そうだし、子どもうけすること間違いなし!日持ちもしそう、
と、なんかイイ感じのものがみつかりましたゼ。ふふふっ。


クッキーパン2

試し、なんでいろいろと。



クッキーパン3

子ども、


クッキーパン4

さかな、


クッキーパン5

犬好きとしては、ボーン、


クッキーパン6

娘の好きなハート。


クッキーパン8

おっ、しかし
お星さまがなければ、ちょっとクリスマスには物足りないような・・・
あー、でも型を買い忘れたー!

今回はホシノで。
ホシノはバターや卵や砂糖がかなり入るレシピでも
香りが負けてませんね。(あくまでも私見です。)
今回より、もう少し発酵短めにして膨らみを抑えた方がいいかも。

外カリッ、中はパンというよりしっとりしたクッキー、といったカンジです。
低温でもっとしっかり焼けば、ツリーの飾りにできるかな?



クッキーパン9

あっと言う間に年末近し。
最近、1年がとても早い。
そして、子どもの成長はとても早くて
1年1年、大切にしてあげたいし、
そして自分も、一緒に思いっきり楽しみたいのでーす。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

スポンサーサイト

2013.11.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 天然酵母パン

なたね油とホシノはどうですか? 10月19日その2

ホシノと菜種油1

ホシノがまだ大分残っているし、
丸パンの練習もしたい・・・・

同じものばかりでは芸もないか?
・・・・と、油脂をバターからナタネ油にしてはどうだろうか。





ホシノと菜種油2

みかけ、
全く変わりませんが、

コチラのレシピ ⇒  のバターを、
6%のナタネ油にしてみました。



ホシノと菜種油3

おぉ~っ!!

「和」っぽい!

う~ん、これには何か、
同じく和っぽいモノが合う気がする。

ということで・・・・・






ホシノと菜種油4

根菜の味噌きんぴらサンド。


ホシノと菜種油5

目分量で作ったものを、目検討の分量で表示しております。(全く信用できない!?)

♪2人分のお弁当のおかず分くらい♪

ごぼう   4~5cm
にんじん  2~3cm
今回モロッコインゲン小  2~3本

酒    大さじ1~2
砂糖   小さじ1~2
信州味噌 小さじ1弱~1
粉チーズ 適量
白ごま  適量

ごぼう・にんじんはレンチンか、ゆでてから千切りにする。
モロッコいんげんもゆでて細めの斜め切りにする。
根菜をお酒から炒りしてからいんげんを加え、
モロッコインゲンを加えて
砂糖、信州味噌をからめて、白ごまを入れる。
最後に粉チーズを1~2ふり(お好みで)入れたらすぐ火を止めて、
全体を混ぜたらできあがり。

パンにはさむ時は、短めに千切りにして、根菜を柔らかくゆでるといいですヨ。
根菜はレンコンや切干だいこん、青いものはホウレンソウ等でも。



ホシノと菜種油6

これを、この「和」っぽい白丸パンにはさんで、ガブッとね。

満足、満足。(自己満足。)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.10.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 天然酵母パン

ハナマンテンとホシノのコラボ 10月19日その1

ホシノとハナマンテンのコラボ1

長野県産「ハナマンテン」とホシノ天然酵母でお山を作る。

ハナマンテンの「お餅」のような感触と、
ホシノの麹の香りが、何となく合うのではないか・・・・!?

というところから始まって。









ホシノとハナマンテンのコラボ2

あー、実はあまりアップで写したくないカンジに出来上がってしまい、
でも、これも現実だからと自分に言い聞かせ撮影。


ホシノとハナマンテンのコラボ3

ぼこぼこしているのは、気泡なんです。

とにかく急いでいたので、ガス抜きがあまかった。
しかも、最終発酵も急いだので温度高めでガンガン膨らませたのでねえ・・・。


ホシノとハナマンテンのコラボ4

カットしてみると、
やっぱりきめが粗いですが。


とっころが、食べてみると
しっとしとの、しっとしとで、驚き!

ホシノのためなのか、お粉のためなのか、は私にはわかりませんが
いやー、市販のしっとりふんわりの食パンのクラムにかなり近かったですヨ。

これはなかなかいいかも。

ホシノとハナマンテンのコラボ5

というわけで、出来はともかくとして、
「相性」はいいのではないか、と発見。

なんかこういう実験(創作!?)、ワクワクしちゃう!

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.10.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 天然酵母パン

どっちがどっち?!ホシノVS.レーズン酵母 10月12日その1

丸パン ホシノVS.レーズン酵母1

ほとんど、

どれが何だかわからないと思われる同じようーな写真に
ついてきてくださる方がおりましたら
深く感謝申し上げます。



丸パン ホシノVS.レーズン酵母2

ホシノの丸パン。

そうですよ、もちろんあの「ホシノ」。

いや、一応「天然酵母」のカテゴリがあるんですが、
もしかして初めてかも。

ひょっとして、1年半ぶりくらいかもしれないんです。
ホシノをおこしてパンを作るの。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母3

「爆焼き」(⇒)の次は、
不思議と次の「お題」が舞い込んで、
そのための試作中。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母4

粉を振った白い丸パンと、
こちら、ぬりたまの丸パン。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母5

ぬりたまするなら、
もうちょっとしっかり焼いた方がいいか・・・?


丸パン ホシノVS.レーズン酵母6

それにしても久しぶりのホシノ。
どのレシピで焼こうか迷ったのもあるし、
あれ?どのくらいで発酵したっけ?とか、
基本的なこと忘れていて、

大丈夫か?!次の「お題」と、
思わず自分で突っ込んだのでした。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母7

それにしてもホント久しぶり、
この酒種みたいな濃厚な香り。

お粉は、はるブレ。
しっとり、もっちりでございました。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母9

うん、なかなかイイ出だし。
単純に美味しかった♡








丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン1

お次はレーズン酵母で丸パン。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン2

そして同じく、粉を振った白い丸パンと、


丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン3

ぬりたま。

でも、このぬりたま焼きが、

丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン4

どうも火傷のようになってしまい、イマイチだなあ・・・。
白パンで統一した方がいいか?


丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン5

お粉はやはり同じく、はるブレ。
むにゅっと感もほぼ同じ。

配合もかなり似ていまして

♪♪ 強力粉  100%
  塩    1.6%
  砂糖    10%
  牛乳    24%
  水     40%
  バター   10%

牛乳の量がホシノの時と違うのと、
ここにホシノの酵母を入れるか、
レーズン酵母のパン種を入れるかの違い。

パン種を入れると全体の生地量が
ホシノで作る時の1.5倍くらいになるので
レーズン酵母の丸パンの方がかなり優しい味となります。

う~ん、どうしようか?
レーズン酵母は塩をもう少し増やそうか・・・?
とか、また例の「王様の耳はロバの耳」になっているのでありますよ。


丸パン ホシノVS.レーズン酵母レーズン6

それにしても、シンプルな丸パン、
久しぶりに作って、何だか新鮮な気持ち。

やっぱ毎日食べられるような食事パンって、
地味だけれど大切なモノ。

またまた改良をして、「お題」のために頑張る!
と決意したのでした。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2013.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 天然酵母パン

«  | ホーム |  »

プロフィール

リバー

Author:リバー
夫Y、長男ウリ坊、長女モォーちゃん、義母M子さんとばあちゃんラブラドールの5人+1頭暮らし。「10分小分け作業」のテク(?)で、仕事・家事・子育て・畑仕事の合間にパンを焼いています。目標、毎日パン焼き!

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター1

カウンター2

現在の閲覧者数: